FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ジグザグで検出した高値/安値をドットで表示するMT4インジケーター「Z1」

更新日時:2020年10月12日 11:26

Z1スクリーンショット


チャート上の主要な高値や安値を自動的に検出してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Z1」は次のような方に向いています。


  1. 目立つ高値・安値の位置を確認したい方

  2. サポートライン・レジスタンスラインとして機能する可能性がある水準を確認したい方


この記事では「Z1」について詳しく解説します。


  1. Z1の概要
  2. Z1を表示する方法
  3. Z1のパラメーター解説
  4. まとめ

Z1の概要


「Z1」はジグザグをベースにしたインジケーターで、ジグザグそのものは表示せずにジグザグで検出した高値/安値のみを表示するインジケーターです。


検出した高値と安値はローソク足上に青色のドットとして表示されます。


MT4に標準でインストールされているジグザグと一緒に「Z1」を表示すると、標準搭載のジグザグの頂点と「Z1」のドットがほぼ一致していることから、ベースになっているジグザグの動作自体は標準のものとあまり変わらない様です。


ジグザグのライン自体は表示されないため、通常のジグザグのように波動を観察するといった用途には向かないインジケーターです。


Z1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Z1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Z1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Z1のパラメーター解説


Z1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Z1」のパラメーターは、一般的なジグザグと同じような項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:3


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:5


反転を検出する期間を設定します。


「ExDepth」は、インジケーターで検出する最小値幅を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、小さな値動きがインジケーターに反映されなくなります。


「barn」は、インジケーターをチャート上に表示する期間を設定するための項目です。


期間はローソク足の本数で指定する必要があり、1500に設定した場合はローソク足1500本分の期間が表示されます。


「barn」以外は、一般的なジグザグと共通の項目になっているので、ジグザグを使用したことがある方であれば、設定で迷うことは少ないでしょう。


まとめ


「Z1」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ジグザグをベースにしている。

  2. ジグザグで検出した高値と安値に青色のドットを表示する。

  3. ジグザグ自体は表示されないが、MT4標準のジグザグと同じように動作する。


「Z1」は、チャート上の主要な高値や安値を確認したい方に向いているインジケーターです。


目立つ高値・安値の位置を大まかに把握しておきたいという方にはちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。


「Z1」で表示されるドットはシグナルではないため、このインジケーター単体で取引の判断を行うことは難しく、他のインジケーターや分析手法と組み合わせた上で使用することをおすすめします。

関連記事