FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ジグザグをサブウィンドウに表示するMT4インジケーター「ZigZag_Separate」

更新日時:2020年10月27日 9:05

ZigZag_Separateスクリーンショット


波動分析に適したインジケーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「ZigZag_Separate」は、ジグザグをベースにしたインジケーターで以下のような方に向いています。


  1. 波動分析を行っている方

  2. ジグザグをよく使用する方

  3. 値動きをシンプルに捉えたい方


上記のような方のためにこの記事では、「ZigZag_Separate」について解説します。


  1. ZigZag_Separateの概要
  2. ZigZag_Separateを表示する方法
  3. ZigZag_Separateのパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZag_Separateの概要


ジグザグ系のインジケーターは、通常ローソク足やOHLCバー等と一緒に表示するものが多いですが、「ZigZag_Separate」はサブウィンドウ上にジグザグを表示するインジケーターです。


インジケーターを起動すると黄色いラインでジグザグが表示されますが、チャートの背景を白に設定している場合はインジケーターが見難いことがありますので、必要に応じてインジケーターのプロパティの「色の設定」から別の色に設定した方が良いかもしれません。


「ZigZag_Separate」によって描写されるジグザグは、MT4に標準でインストールされているジグザグと同様のものですが、サブウィンドウに表示することで縦軸が縮小されて表示されますので、ボラティリティーの低い相場等では、サブウィンドウを少し拡張して表示する必要がありそうです。


ZigZag_Separateを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZag_Separateのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZag_Separate


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZag_Separateのパラメーター解説


ZigZag_Separateパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。


「ExDepth」はジグザグの最小値幅を設定するための項目です。


小さな値に設定すると小さな波動がジグザグに表示されます。


「ExBackstep」は値動きの反転を検出する期間を設定するための項目です。


期間を長く設定した場合、短いプルバックがジグザグに反映されなくなります。


まとめ


「ZigZag_Separate」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. サブウィンドウ上にジグザグを表示する。

  2. MT4標準のジグザグと同様のラインを表示する。


「ZigZag_Separate」は、ノイズを取り除いた相場の波動を分析したい方に向いているインジケーターです。


ローソク足から完全に切り離して値動きを直線で表示することから、相場の波動の観察に集中したい場合には便利なインジケーターなのではないでしょうか。


相場の向かっている方向が分からなくなった場合にも、値動きをシンプルに表示することで方向感を掴みやすくなるでしょう。


このインジケーターのみでエントリーのタイミングや水準を計るのは恐らく困難ですので、他の分析手法と組み合わせて使用した方が良さそうです。

関連記事