FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ジグザグをもとにチャネルを表示するMT4インジケーター「ZigZag_ws_Chanel」

更新日時:2020年11月05日 0:41

ZigZag_ws_Chanelスクリーンショット


MT4には標準でチャネルを表示する機能が付いていますが、色々なチャネルを試してみたいと思ったことはないでしょうか。


「ZigZag_ws_Chanel」は、次のような方に向いているインジケーターです。


  1. ジグザグに触れたことがある方

  2. チャネル系のインジケーターを探している方


以上のような方のためにこの記事では、「ZigZag_ws_Chanel」について解説します。


  1. ZigZag_ws_Chanelの概要
  2. ZigZag_ws_Chanelを表示する方法
  3. ZigZag_ws_Chanelのパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZag_ws_Chanelの概要


「ZigZag_ws_Chanel」は、MT4に標準でインストールされているジグザグをベースに、チャネルを表示する機能を追加したインジケーターです。


「ZigZag_ws_Chanel」のチャネルはジグザグによって検出された高値同士・安値同士を直線で結んで描写されるもので、チャネルの上限と下限はピンクのラインで表示されます。


標準搭載のジグザグをベースにしているためパラメーターもそれに準じたものになっていますが、ジグザグに関連した項目のみで、チャネルに関する項目は設けられていません。


チャネルを用いた代表的な取引手法には、チャネルと価格が接触した後にチャネルの内側に向かってエントリーする方法とチャネルをブレイクした方向にエントリーする方法の2つがあります。


「ZigZag_ws_Chanel」で表示されるチャネルでも有効かどうかは不明ですので、実際の取引でそういった手法を使用する前に十分なテストを実施することをおすすめします。


ZigZag_ws_Chanelを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZag_ws_Chanelのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZag_ws_Chanel


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZag_ws_Chanelのパラメーター解説


ZigZag_ws_Chanelパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZigZag_ws_Chanel」のパラメーターは、一般的なジグザグと同様の項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。


「ExDepth」はジグザグに反映する最小値幅を設定するための項目です。


大きな値に設定した場合、小さな値動きはジグザグに反映されなくなり、大きな波動のみが反映されます。


「ExBackstep」は、値動きの反転を検出する期間を設定するための項目で、ここで設定した期間より長く価格が逆行すると値動きが反転したと判定されます。


まとめ


「ZigZag_ws_Chanel」について解説してきましたが、特徴をまとめると以下のようになります。


  1. MT4標準のジグザグをベースにしている。

  2. ジグザグで検出した高値同士・安値同士をラインで結んでチャネルを表示する。


「ZigZag_ws_Chanel」は、さまざまなタイプのチャネルを試してみたい方におすすめのインジケーターです。


ジグザグをもとにしたチャネルはあまり一般的ではありませんが、こういった珍しいインジケーターを試すことができるのもMT4を使用する利点と言えるのではないでしょうか。

関連記事