FXで何やっても勝てなくて、やったコト

指定した範囲にのみジグザグを表示するMT4インジケーター「ZigZagS」

更新日時:2020年11月02日 11:54

ZigZagSスクリーンショット


ジグザグ系のMT4インジケーターには多くの種類がありますが、分析に必要な範囲だけジグザグを表示したいと考えたことをないでしょうか。


「ZigZagS」は、ジグザグを表示する範囲をバー単位で設定できるインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. ジグザグをよく使用する方

  2. 使用しているインジケーターの数が多い方

  3. チャートをすっきりさせたい方


この記事では、「ZigZagS」について詳しく解説します。


  1. ZigZagSの概要
  2. ZigZagSを表示する方法
  3. ZigZagSのパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZagSの概要


「ZigZagS」を起動すると、チャート上に赤色のラインでジグザグが表示されます。


インジケーターの動作は一般的なジグザグと変わらないので、チャートに描写されるラインもMT4に標準で搭載されているジグザグと大差はないように見えます。


表示範囲を設定できる点以外はMT4標準のジグザグと変わらないので、ジグザグを使用したことがある方であれば、違和感なく使用できるでしょう。


ZigZagSを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZagSのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZagS


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZagSのパラメーター解説


ZigZagSパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZigZagS」のパラメーターには、ジグザグ関連の項目に加えて表示範囲を設定するための項目が追加されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。

nBar

バー


初期値:50


インジケーターを表示する範囲を設定します。


「ExDepth」はジグザグで検出する最小の値幅を設定するための項目です。


「ExDepth」の値を小さく設定すると、小さな値動きがジグザグに反映されます。


「ExBackstep」は価格の反転を検出する期間を設定するための項目で、大きな値に設定した場合、短期間のプルバックがジグザグに反映されなくなります。


「nBar」はインジケーターを表示する範囲を設定するための項目で、ローソク足の本数で範囲を指定します。


相場によっては初期設定の「nBar」の50では、表示範囲が狭すぎて値動きが分かりにくい可能性があるので、必要に応じて調整すると良いでしょう。


まとめ


「ZigZagS」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 表示範囲を指定できるジグザグを表示する。

  2. MT4標準のジグザグと同じようなラインを描写する。

  3. 使い方は通常のジグザグと同じ。


「ZigZagS」は、チャートをスッキリさせたい方におすすめのインジケーターです。


直近の値動きにだけインジケーターを反映させたいという方にとっては、使い勝手の良いインジケーターなのではないでしょうか。

関連記事