FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ボリンジャーバンドのσラインと価格の接触を色分けして表示するMT5インジケーター「Bands_Fill」

更新日時:2021年05月19日 22:46

Bands_Fillスクリーンショット


複数の通貨ペアを同時に観察していて、インジケーターの発するシグナルを見落としてしまったという経験はありませんか?


観察する通貨ペアの数を減らすのも一つの方法ですが、インジケーターがシグナルを発していることを分かり易く表示するインジケーターの導入を検討してみても良いのではないでしょうか。


「Bands_Fill」は、ボリンジャーバンド内での価格の動きに応じて、バンド内に色を着けて表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボリンジャーバンドをよく使用する方

  2. ボリンジャーバンドのシグナルを見逃したくない方


この記事では「Bands_Fill」について詳しく解説します。


  1. Bands_Fillの概要
  2. Bands_Fillを表示する方法
  3. Bands_Fillのパラメーター解説
  4. まとめ

Bands_Fillの概要


ボリンジャーバンドは定番のインジケーターで、大抵のチャートソフトで使用できる為、実際に使っているという方も多いのではないでしょうか。


「Bands_Fill」は、通常のボリンジャーバンドとつくりは変わらないため、使い方に戸惑うことは少ないでしょう。


「Bands_Fill」は、ローソク足がボリンジャーバンドに沿って動く、バンドウォークを検出するインジケーターです。


アッパーバンドに価格が到達するとバンド内が水色で表示され、ロワーバンドに価格が到達するとベージュで表示されます。


Bands_Fillを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Bands_Fillのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Bands_Fill


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Bands_Fillのパラメーター解説


Bands_Fillパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

計算期間


初期値:20


ボリンジャーバンドの算出期間を設定します。

Deviation

偏差


初期値:2.0


ボリンジャーバンドの幅を設定します。


「Period」は、ボリンジャーバンドの算出期間を設定するための項目です。


長い期間に設定すると長期的な値動きがボリンジャーバンドに反映されるため、値動きに対する反応が緩やかになります。


反対に短い期間に設定した場合、短期的な値動きが反映されるため反応が俊敏になります。


「Deviation」は、ボリンジャーバンドの偏差を設定するための項目です。


大きな値に設定するとボリンジャーバンドの幅が広がります。


まとめ


「Bands_Fill」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. バンドウォークを検出するとボリンジャーバンドに色をつけて表示。

  2. アッパーバンドでのバンドウォークは水色で表示される。

  3. ロワーバンドでのバンドウォークはベージュで表示される。


「Bands_Fill」は、バンドウォークを見逃したくない方に向いているインジケーターです。


ボリンジャーバンドのアッパーライン/ロワーラインと価格のクロスを見逃したくないという方はもちろん、これからボリンジャーバンドを使ってみたいという方にも、シグナルが分かり易く、使い勝手のよいインジケーターと言えるでしょう。

関連記事