FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ジグザグとチャネルをまとめて表示するMT5インジケーター「zigzag_nk_channel2」

更新日時:2022年07月27日 10:10

zigzag_nk_channel2スクリーンショット


ジグザグとチャネルをまとめて表示できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「zigzag_nk_channel2」は、上記の機能を備えたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. ジグザグとチャネルをまとめて表示したい方

  2. チャネルを手動で表示するのが面倒な方


この記事では「zigzag_nk_channel2」について解説します。


  1. zigzag_nk_channel2の概要
  2. zigzag_nk_channel2を表示する方法
  3. zigzag_nk_channel2のパラメーター解説
  4. まとめ

zigzag_nk_channel2の概要


「zigzag_nk_channel2」は、チャネルを自動的に表示するzigzag_nk_channelというインジケーターをベースにしています。


zigzag_nk_channelではチャネルのみ表示されますが、「zigzag_nk_channel2」ではジグザグも表示されます。


チャネルだけではなく、ジグザグも確認しながら取引したい方は、「zigzag_nk_channel2」を使用するとよいでしょう。


zigzag_nk_channel2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

zigzag_nk_channel2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


zigzag_nk_channel2


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


zigzag_nk_channel2のパラメーター解説


zigzag_nk_channel2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ExtDepth

デプス


初期値:12


ジグザグで検出する波動の期間を設定します。

ExtDeviation

転換率


初期値:5


値動きの転換を検出する閾値を設定します。

ExtBackstep

バックステップ


初期値:3


転換を判断する期間を設定します。

First peak index number (0,1,2,3...)

最初のピークの番号


初期値:1


チャネルの起点となるジグザグのピークを設定します。

Upper channel line color

アッパーラインの色


初期値:DeepSkyBlue


アッパーラインの表示色を設定します。

Upper channel line style

アッパーラインのスタイル


初期値:STYLE_SOLID


アッパーラインの種類を指定します。

Upper channel line width

アッパーラインの幅


初期値:3


アッパーラインの太さを設定します。

Middle line color

ミドルラインの色


初期値:Teal


ミドルラインの表示色を設定します。

Middle line style

ミドルラインのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


ミドルラインの種類を指定します。

Middle line width

ミドルラインの幅


初期値:1


ミドルラインの太さを設定します。

Lower channel line color

ロワーラインの色


初期値:Magenta


ロワーラインの表示色を設定します。

Lower channel line style

ロワーラインのスタイル


初期値:STYLE_SOLID


ロワーラインの種類を指定します。

Lower channel line width

ロワーラインの幅


初期値:3


ロワーラインの太さを設定します。


「ExtDepth」から「ExtBackstep」までの項目は、通常のジグザグに準じています。


チャネルに反映したいスイングの大きさを調整しましょう。


「First peak index number (0,1,2,3...)」は、チャネルの始点を設定するための項目です。


直近のピークから数えて、0、1、2という風にジグザグのピークを番号で指定します。


「Upper channel line color」「Middle line color」「Lower channel line color」は、各ラインの色を設定するためのパラメーターです。


必要な場合は変更するとよいでしょう。


「Upper channel line style」「Middle line style」「Lower channel line style」は、ラインの種類を設定するための項目です。


SOLIDやDASHDOTDOTなど、あらかじめ用意されているスタイルの中から選択します。


「Upper channel line width」「Middle line width」「Lower channel line width」は、ラインの幅を番号で指定するための項目です。


1~5の中から選択します。


まとめ


「zigzag_nk_channel2」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ジグザグにもとづいたチャネルを表示する

  2. ジグザグとチャネルをまとめて表示できる


「zigzag_nk_channel2」は、ジグザグとチャネルを組み合わせて取引したい方に向いているインジケーターです。


チャネルをよく使用する方であれば、活用できる場面も多いのではないでしょうか。

関連記事