FXで何やっても勝てなくて、やったコト

3d_oscilatorのシグナルをテキストの色の変化で表示するMT5インジケーター「3d_oscilator_htf_signal」

更新日時:2022年09月20日 18:19

3d_oscilator_htf_signalスクリーンショット


価格が向かっている大まかな方向を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「3d_oscilator_htf_signal」は、3d_oscilatorのシグナルだけを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの大まかな方向を確認したい方

  2. マルチタイムフレーム分析を取り入れている方


この記事では「3d_oscilator_htf_signal」について解説します。


  1. 3d_oscilator_htf_signalの概要
  2. 3d_oscilator_htf_signalを表示する方法
  3. 3d_oscilator_htf_signalのパラメーター解説
  4. まとめ

3d_oscilator_htf_signalの概要


「3d_oscilator_htf_signal」を起動するとチャート右上にインジケーター名が表示されます。


インジケーター名が黄緑色で表示されている場合は買いシグナル、緑色で表示されている場合は上昇トレンドのシグナルです。


インジケーター名が赤紫色で表示されている場合は売りシグナル、赤色で表示されている場合は下降トレンドが発生した可能性を示唆しています。


シグナルの色は、パラメーターから変更することもできます。


3d_oscilator_htf_signalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

3d_oscilator_htf_signalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


3d_oscilator_htf_signal


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


3d_oscilator_htf_signalのパラメーター解説


3d_oscilator_htf_signalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Financial asset

シグナルを表示する銘柄


初期値:なし


シグナルを表示したい通貨ペア名を指定します。

Timeframe for the indicator calculation

時間枠


初期値:PERIOD_H6


インジケーターを算出する時間枠を設定します。

D1RSIPer

RSIの期間


初期値:13


RSIの算出期間を設定します。

D2StochPer

ストキャスティクスの期間


初期値:8


ストキャスティクスの算出期間を設定します。

D3tunnelPer

CCIの期間


初期値:8


CCIの算出期間を設定します。

hot

係数


初期値:0.4


CCIに乗算する係数を設定します。

sigsmooth

シグナル期間


初期値:4


シグナルを平滑化する期間を設定します。

Indicator labels name

表示名


初期値:_Label_


インジケーターのラベルを設定します。

Signal bar index, 0 is a current bar

シグナルの位置


初期値:0


シグナルの基準とするローソク足を指定します。

Growth symbol color

買いシグナルの表示色


初期値:Lime


買いシグナルの表示色を設定します。

Growth symbol color

上昇の表示色


初期値:Green


上昇シグナルの表示色を設定します。

Downfall symbol color

売りシグナルの表示色


初期値:Red


売りシグナルの表示色を設定します。

Downfall symbol color

下降の表示色


初期値:Magenta


下降シグナルの表示色を設定します。

Indicator name color

インジケーター名の表示色


初期値:DarkOrchid


インジケーター名の文字の色を設定します。

Signal symbols size

シグナルのサイズ


初期値:40


シグナルを表示するマーカーの大きさを設定します。

Indicator name font size

フォントサイズ


初期値:10


インジケーター名の文字の大きさを設定します。

Horizontal shift of the name

名前の水平方向のシフト


初期値:5


インジケーター名の水平方向の表示位置を設定します。

Vertical shift of the name

名前が垂直方向のシフト


初期値:-15


インジケーター名の垂直方向の表示位置を設定します。

Indicator name display

インジケーター名の表示・非表示


初期値:true


falseに設定するとインジケーター名が表示になります。

Location corner

インジケータを表示するコーナー


初期値:CORNER_RIGHT_UPPER


インジケータを表示するコーナーを設定します。

Horizontal shift

インジケーターの水平方向のシフト


初期値:0


インジケーターの水平方向のシフトを設定します。

Vertical shift

インジケーターの垂直方向のシフト


初期値:20


インジケーターの垂直方向のシフトを設定します。

Actuation indication version

アラートモード


初期値:OnlySound


アラートのモードを設定します。

Number of submitted alerts

アラートの繰り返し回数


初期値:0


アラートを繰り返す回数を設定します。


「D1RSIPer」から「sigsmooth」までの項目は、3d_oscilatorの動作を設定するための項目です。


「D1RSIPer」はRSIの算出期間、「D2StochPer」はストキャスティクスの算出期間、「D3tunnelPer」でCCIの算出期間を設定します。


「Growth symbol color」と記載されている2つの項目は、上昇トレンドや買いシグナルの表示色を設定するための項目です。


同様に、「Downfall symbol color」と記載されている2つの項目では、下降トレンドと買いシグナルの表示色を設定します。


「Actuation indication version」は、アラートのモードを設定するための項目です。


サウンドアラートか画面表示によるアラートを選択します。


まとめ


「3d_oscilator_htf_signal」の特徴は以下の通りです。


  1. 3d_oscilatorのシグナルだけを表示する

  2. インジケーターを算出する時間枠を指定できる


「3d_oscilator_htf_signal」は、価格が向かっている大まかな方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


使用する際は、他のインジケーターと組み合わせて使用した方が良いでしょう

関連記事