FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ハル移動平均を使用したRSIを表示するMT5インジケーター「Rsi(var)(Hull)」

更新日時:2019年06月28日 03:57

Rsi(var)(Hull)スクリーンショット


RSI系のインジケーターの中には、RSIの算出にWilders EMAと呼ばれる移動平均を使用しているものがあり、「Rsi(var)(Hull)」は、Wilders EMAではなくHMA(ハル移動平均)を使用したインジケーターです。


ハル平均はN×1/2期間の加重移動平均からN期間加重移動平均を、減算して算出される移動平均で、「Rsi(var)(Hull)」では、オリジナルのハル移動平均に「Hull divisor」という、ハル平均の感度を調整するパラメーターが加えられています。


開発者のMladen Rakicによると、「Hull divisor」を2.0に設定した場合は通常のハル移動平均が生成されますが、2より高い値に設定するとハル移動平均の反応が速くなり、低い値に設定すると遅くなるとのことです。


インジケーターの見方は一般的なRSIと同じですが、初期設定の状態では買われ過ぎ水準と売られ過ぎ水準は表示されませんので、必要な場合は「インジケーターリスト」→「Rsi(var)(Hull)」→「レベル」から追加できます。


Rsi(var)(Hull)を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Rsi(var)(Hull)のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Rsi(var)(Hull)

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでRsi(var)(Hull)が表示されました。


Rsi(var)(Hull)のパラメーター解説


Rsi(var)(Hull)パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は、「RSI period」「Price smoothing period」「Hull divisor」「Price」の4項目で、「Price smoothing period」を1以下の値に設定すると平滑化は行われません。


RSI period

RSI算出期間

Price smoothing period (<=1 for not smoothing)

平滑化期間

Hull divisor

ハル移動平均の除数

Price

適用価格


パラメーターの「Hull divisor」を高い値に設定すると、トレンドの急激な変化があった場合、インジケーターの値が極端な水準に張り付いた状態になる場合があるため、インジケーターの開発者は、「Hull divisor」を適切な値に設定するために、テストを行うことを推奨しています。


インジケーターの開発者自身も、「Rsi(var)(Hull)」の優位性について結論を出せていないようですので、実験的なインジケーターと言えます。


すぐに使えるRSI系のインジケーターを、探している方には不要なインジケーターかもしれませんが、設定によっては有用なインジケーターになるかもしれません。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事