FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ドル円は2021年1月からの上昇トレンドの中で最大の下落進行中。トレンド転換は起こるか?

更新日時:2021年04月20日 12:30


4月19日の金融市場はドル円・日経平均ともに下落しています。


ドル円の値動き(2021年4月19日)


始値:108.737

高値:108.829

安値:108.003

終値:108.120

-61.7pips(高値から安値:82.6pips)


ドル円日足の環境認識(2021年4月20日)


ドル円日足チャート2021年4月20日


長期的な目線ではオレンジのボックスで囲んだ片波の中での値動きとなっています。上下にヒゲはありますが、終値ベースでは「111.278」~「102.263」の値動きという事になります。


直近のドル円の値動きは安値・高値切り上げの上昇トレンドの波形(緑の楕円の部分)となってきており、この上昇に対して引いたトレンドラインが紫のトレンドラインとなります。


4月19日の値動きによって、「108.329」のサポートラインを下抜いてきました。


「108.329」を押し安値と見るか?という点については議論もありそうな気もしますが、自分自身がどう見ているか?という事よりも自分以外のトレーダーさんがどう見ているか?の方が大切なので、押し安値と見ている人もいるかも知れないし、そうは見ていない人もいるかも知れないという中で双方の可能性を考慮する必要性があります。


2021年1月から始まった上昇の流れの中で、3度ほど押しとみられる値動きが示現しましたが、4月頭から始まった下落の値動きは一連の上昇の流れの中で最大という事は言え、「108.329」が押し安値であったのか?という事は、もう少し時間が立って日足の波が高値・安値切り下げの形状となった時に答えが出るものだと思うので、そこに拘泥するのではなく日足の流れが変わってくるかどうか?を注視していくことが重要です。


ドル円の1時間足分析(2021年4月20日)


ドル円1時間足チャート2021年4月20日


ドル円1時間足チャートの形状は、高値・安値切り下げの下落トレンドの形状になっています。


現在は日足レベルのレジスタンスライン「108.329」と日足のサポートライン「107.908」に挟まれたエリアでの値動きとなっています。


いつかどちらかを破る時がきますが、予断を持たずに判断していくようにしましょう。

関連記事