FXで何やっても勝てなくて、やったコト

傾きによって色が変わるMACDにボリンジャーバンドと移動平均線を加えたオシレーターを表示するMT4インジケーター『bbmacd』

更新日時:2019年03月14日 09:42

bbmacdスクリーンショット


bbmacdは、傾きによって色が変わるMACDにボリンジャーバンドと移動平均線を加えたオシレーターを表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像のように、1つのサブウィンドウにMACD、ボリンジャーバンド、移動平均線の3つのインジケーターがまとめて表示されます。


このインジケーターで表示されるMACDは、値がプラスで切りあがっているときは青色、切り下がっているときは白色で、逆に値がマイナスで切り下がっているときは白色で、切りあがっているときは青色で表示されます。


このインジケーターのボリンジャーバンドは、通常のボリンジャーバンドと同じようにMACDの値の変動が収まるレベルを示唆し、実際にほとんどの値がボリンジャーバンド内に収まります。


ただし、このインジケーターの欠点として、移動平均線の期間しかパラメーターを設定することが出来ず、ボリンジャーバンド・MACDの各パラメーターはデフォルトから変更することができません。


今回は、この「bbmacd」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


bbmacdの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

bbmacdのダウンロード先は以下となります。


bbmacd

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでサブウィンドウにMACDにボリンジャーバンドと移動平均線を加えたインジケーターが表示されました。


bbmacdのパラメーター解説


bbmacdパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


TrendPeriod

移動平均線の期間


先述の通り、パラメーター項目は移動平均線の期間しか無く、ボリンジャーバンド・MACDのパラメーターは変更することができないため、どうしても変更したい場合はソースコードを直接変更する必要があります。


パラメーターが変更できないという欠点はあるものの、様々な使い方ができるポテンシャルの高そうなインジケーターなので、MACDやボリンジャーバンドを使ったトレードをしている人は是非試してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事