FXで何やっても勝てなくて、やったコト

分数の偏差率をもつボリンジャーバンドを表示するMT4インジケーター『BBwithFractdev.mq4』

更新日時:2019年03月19日 05:30

BBwithFractdevスクリーンショット


BBwithFractdev.mq4は、分数の偏差率をもつボリンジャーバンドを表示するMT4用のインジケーターで、デフォルトでは期間13・偏差2.618のボリンジャーバンドが表示されます。


製作者のコメントは「Bollinger bands with a fractional ratio of deviation(分数の偏差率をもつボリンジャーバンド)」の一言だけだったので、それ以上でもそれ以下でも無いインジケーターです。


ただ、このインジケーターのボリンジャーバンドは、通常のボリンジャーバンドと計算方法が同じなので、期間・偏差を変更すれば、MT4に最初からインストールされているボリンジャーバンドと全く同じものが表示されます。


よって、このインジケーターを使ってトレードするというよりは、「こんな偏差の値もあるのか」といった考えを与えてくれるインジケーター、という認識が良いかと思います。


今回は、この「BBwithFractdev」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


BBwithFractdevの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BBwithFractdevのダウンロード先は以下となります。


BBwithFractdev

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これで分数の偏差率をもつボリンジャーバンドが表示されました。


BBwithFractdevのパラメーター解説


BBwithFractdevパラメータ画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


BB_Period

ボリンジャーバンドの期間

Deviation

ボリンジャーバンドの偏差


先述の通り、デフォルトで「偏差」が「2.618」に設定されている以外は、普通のボリンジャーバンドと変わらないので、わざわざこのインジケーターをインストールする必要は無いかもしれません。


ただ、ボリンジャーバンドの偏差を分数にするという発想は、ボリンジャーバンドを使ったトレードをしている人にとっては興味深いアイデアではないでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事