FXで何やっても勝てなくて、やったコト

Accumulative Swing Index(ASI、累積スウィング指数)をサブウィンドウに表示するMT4インジケーター『ASI』

更新日時:2019年03月02日 07:37

ASIスクリーンショット


ASIは、Accumulative Swing Index(ASI、累積スウィング指数)というテクニカル指標をサブウィンドウに表示するMT4用のインジケーターです。ASIは、マネーパートナーズなどのFX業者には標準でインストールされていますが、MT4にはインストールされていません。


Accumulative Swing Indexは、2本の足の始値・高値・安値・終値をもとに価格の真の値動きを捉えることを目的としたSwind Indexというテクニカル指標の値を累積した指標のことで、トレンドの有無や方向性、ブレイクアウトやダイバージェンスを判断することができます。


計算方法等は割愛させていただきますが、具体的な見方としては、ASIの値がプラスであれば上昇トレンド、逆にマイナスであれば下降トレンド、0付近であればトレンドが発生していないと判断します。また、チャート上のトレンドラインと同じようにASIにもトレンドラインを引きブレイクアウトを確認したり、ASIとローソク足とでダイバージェンスが発生している場合、トレンド反転の可能性があると判断したりすることが出来ます。


今回は、この「ASI」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


ASIの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ASIのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ASI

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでサブウィンドウにASIが表示されました。


ASIのパラメーター解説


ASIパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


T

計算に使用


パラメーターは「T」というもの1つだけなので、特にこだわりがなければ変更せずにそのまま使用することが出来ます。


RSIやMACDと比べると、少しマイナーなオシレーター系インジケーターですが、それら有名なインジケーターに引けを取らないインジケーターと言っても過言ではありません。ASIをMT4で使用したい人は是非導入してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事