FXで何やっても勝てなくて、やったコト

スムージング処理を行い通常よりも滑らかなRSIを表示するMT4インジケーター『3c_JRSX_H』

更新日時:2019年12月17日 3:04

3c_JRSX_Hスクリーンショット


RSI(相対力指数)は、一定期間中における価格の上昇の勢いと下降の勢いの内、どちらが強いのかを計測するインジケーターですが、相場によってはダマしのシグナルが多くなることがあります。


「3c_JRSX_H」は、RSIにスムージング処理を行いノイズを減少させたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. RSIのダマしのシグナルに悩まされている方

  2. 短期的な値動きではなく相場の主要な値動きの方向を確認したい方


そういった方のためにこの記事では、「3c_JRSX_H」について解説していきます。


  1. 3c_JRSX_Hの概要
  2. 3c_JRSX_Hを表示する方法
  3. 3c_JRSX_Hのパラメーター解説
  4. まとめ

3c_JRSX_Hの概要


「3c_JRSX_H」は、通常よりも反応が早く曲線が滑らかなRSIをヒストグラムで表示するMT4用のインジケーターで、基本的にはRSIと全く同じ計算式で算出されていますが、スムージング処理を行うことで遅れが少なく滑らかに描画されるようになっているインジケーターです。


インジケーターの値が増加している間は、ヒストグラムが青色で表示され、値が減少している間は紫色で表示されます。


画像を見ていただくと分かるように、このインジケーターのRSIのほうが通常のRSIよりも若干反応が早く滑らかに描画されています。


ただし、滑らかに描画されているため、短期的な変化を確認するのには向いていないかもしれません。


3c_JRSX_Hを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

3c_JRSX_Hのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


3c_JRSX_H


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


3c_JRSX_Hのパラメーター解説


3c_JRSX_Hパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「3c_JRSX_H」のパラメーターは、RSIの算出期間を設定する項目と、インジケーターを表示する範囲を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Lengh

期間


初期値:14


RSIの算出期間を設定します。

CountBars

バーカウント


初期値:300


インジケータを表示する範囲を設定します。


「CountBars」は、インジケーターの表示範囲を設定する項目で、値を大きくするほど過去にさかのぼってより広い範囲にインジケーターを表示します。


まとめ


「3c_JRSX_H」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. RSIにスムージング処理を行っているため、表示が滑らかになっている。

  2. インジケーターの値が増加している場合は青色、減少している場合は紫色で表示される。

  3. 短期的な値動きの分析には向いていない


「3c_JRSX_H」は、通常のRSIよりも滑らかに描画されるため、例えばRSIの傾きなどをシグナルとして使用している人にとっては使いにくいインジケーターかもしれませんが、一方で、RSIをシグナルとしてではなく、相場の動きの確認などに使用している人にとってはこっちのRSIのほうが使いやすいかもしれません。


また、RSIのノイズに悩まされている方にとっても、試してみる価値のあるインジケーターのではないでしょうか。

関連記事