FXで何やっても勝てなくて、やったコト

RSIの上昇シグナルをチャート上に表示するMT4インジケーター「WAJDYSS_RSI_indicator_v1」

更新日時:2019年06月12日 07:48

WAJDYSS_RSI_indicator_v1スクリーンショット


RSIは設定された閾値を超えた時にシグナルを発するオシレーターで、上の閾値を超えた時には売りシグナル、下の閾値を超えた時には買いシグナルを発します。


「WAJDYSS_RSI_indicator_v1」はRSIをベースにしたインジケーターで、Wajdi MURADに開発されました。


RSIの発するシグナルを表示するインジケーターは他にもありますが、「WAJDYSS_RSI_indicator_v1」はそれらとは少し趣が異なっています。


インジケーターを起動すると緑色の上向きの矢印と、下向きの赤色の矢印がチャート上に表示されますが、この矢印はエントリーの方向を示すものではなく、「WAJDYSS_RSI_indicator_v1」がシグナルを発している期間中、これら2種類の矢印が交互に表示されます。


このインジケーターがシグナルを発するのはインジケーターの値が30を下回っている時、インジケーターの値が50以上70未満で推移している時のどちらかです。


WAJDYSS_RSI_indicator_v1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

WAJDYSS_RSI_indicator_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


WAJDYSS_RSI_indicator_v1

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでWAJDYSS_RSI_indicator_v1が表示されました。


WAJDYSS_RSI_indicator_v1のパラメーター解説


WAJDYSS_RSI_indicator_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの設定項目は、RSIに関する項目、アラートに関する項目、テキストの色に関する項目が設けられています。


RSIの適用価格は「Apply_to」に記載されている番号で指定する必要があります。


RSI_Period

RSIの算出期間

MA_Method

0 = Simple, 1 = Exponential, 2 = Smoothed, 3 = Linear Weighted

RSI_Apply_to

RSIの適用価格

RSI_1st_Level

買われ過ぎ水準

RSI_2nd_Level

中間水準

RSI_3rd_Level

売られ過ぎ水準

Pips

ラベルの価格座標

alert

アラートの有効/無効

TextColor1

テキスト1の色

TextColor2

テキスト2の色

TextColor3

テキスト3の色

TextColor4

テキスト4の色


「WAJDYSS_RSI_indicator_v1」の発するシグナルは一見すると変則的なものに見えますが、RSIの発する買いシグナルだけを表示しています。


買いのシグナルのみに特化しているため、インジケータを活かせる状況が限られ、人によっては不便さを感じる可能性があります。


動意の薄い状況ではダマしのシグナルも多くなるため、そういった場面での使用は避けた方が良さそうです。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事