FXで何やっても勝てなくて、やったコト

サブウィンドウにRSIと移動平均線を表示する拡張性の高いMT4インジケーター『color rsi with ema』

更新日時:2019年11月08日 08:32

rsiwithmaトップ画像


「color_rsi_with_ema」は、RSIとRSIの移動平均線を表示するインジケーターです。


「color_rsi_with_ema」は、以下のような方に向いています。


  1. シグナルを視覚的に確認しやすいRSIを探している方

  2. ノイズの少ないのRSIを探している方


上記のような方のために、「color_rsi_with_ema」の使い方とパラメーターの設定方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


  1. color_rsi_with_emaの概要
  2. color_rsi_with_emaを表示する方法
  3. color_rsi_with_emaのパラメーター解説
  4. まとめ

color_rsi_with_emaの概要


インジケーターを起動するとサブウィンドウ上に、緑色と赤色のラインでRSIが表示され、青色のラインでRSIの移動平均線が表示されます。


「color rsi with ema」では、RSIのレベルが50を上回っている間は緑色で表示され、逆に50を下回っている間は赤色で表示されるため非常に見やすいです。


また、このインジケーターはマルチタイムフレーム機能や移動平均線の色が変更されたときにシグナルを出す機能が用意されており、さらにパラメーター項目の設定も豊富なためシンプルながら拡張性の高いインジケーターになっています。


通常のRSIとしても使えるため、RSIを使用した手法でトレードをしている人や逆張りトレードをしている方にとっては非常に便利なインジケーターではないでしょうか。


color_rsi_with_emaを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

color_rsi_with_emaのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


color_rsi_with_ema


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


color_rsi_with_emaのパラメーター解説


color rsi with emaのパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

RSIPeriod

RSIの算出期間


初期値:50


値を大きくすると価格に対するRSIの反応が緩やかになります。

EMAPeriod

RSI移動平均線の算出期間


初期値:25


値を大きくするとRSI移動平均線の表示が滑らかになります。

PriceType

適用価格


初期値:0


note1からnote2に記載されている番号で適用価格を指定します。

TimeFrame

時間枠


初期値:Current time frame


note3からnote6に記載されている番号でインジケータを算出する時間枠を指定します。

overBought

買われ過ぎ水準


初期値:50


買われ過ぎ水準を設定します。

overSold

売られ過ぎ水準


初期値:50


売られ過ぎ水準を設定します。

showArrows

矢印の表示/非表示


初期値:false


trueに変更するとシグナルが発せられた際に矢印を表示します。

alertsOn

アラートの有効/無効


初期値:false


trueに設定するとアラート機能が有効になります。

alertsMessage

メッセージ通知の有効/無効


初期値:false


trueに設定するとメッセージ通知が有効になります。

alertsSound

音声通知の有効/無効


初期値:false


trueに設定すると音声通知が有効になります。

alertsEmail

メール通知の有効/無効


初期値:false


trueに設定するとメール通知が有効になります。


デフォルトでは50期間RSIと25期間EMAが設定されており、各種アラートはすべてOFFになっているので必要に応じて変更するとよいかと思います。


まとめ


「color_rsi_with_ema」の使い方について解説しましたが、要点をまとめると以下の通りです。


  1. RSIが50より上で推移している場合は緑色で表示される。

  2. RSIが50より下で推移している場合は赤色で表示される。

  3. マルチタイムフレームに対応している。


「color_rsi_with_ema」は、RSIを使ったマルチタイムフレーム分析を行いたい方に、向いているインジケーターです。


インジケーターの状況を視覚的に確認しやすいため、通常のRSIよりも使い勝手は良いかと思います。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事