FXで何やっても勝てなくて、やったコト

RSIとRSIの移動平均線でトレンドを捉えるMT4インジケーターを表示する「TrendRSI_v1」

更新日時:2019年10月18日 06:59

TrendRSI_v1スクリーンショット


トレンドを捉えるためのインジケーターをお探しですか?


「TrendRSI_v1」は、RSIとRSIの移動平均線でトレンドの始まりを、分析するためのインジケーターで、TrendLaboratory Ltdによって開発されました。


「TrendRSI_v1」は、以下のような方に向いているインジケーターです。


  1. トレンドを捉えたい方

  2. RISをよく使う方

  3. 値動きの勢いを調べたい方


こういった方のために、「TrendRSI_v1」の使い方やパラメーターの設定方法について解説してきます。


  1. TrendRSI_v1の概要
  2. TrendRSI_v1を表示する方法
  3. TrendRSI_v1のパラメーター解説
  4. まとめ

TrendRSI_v1の概要


インジケーターを起動するとサブウィンドウ上にRSIがオレンジ色のライン、RSIの短期移動平均線が水色のライン、RSIの長期移動平均線がピンクのラインで表示されます。


「TrendRSI_v1」の算出方法は以下の通りです。


RSI(オレンジのライン)=「PeriodRSI」期間の値上がり幅の平均/(「PeriodRSI」期間の値上がり幅の平均+「PeriodRSI」期間の値下がり幅の平均)


RSIの短期移動平均(水色のライン)=RSIの「PeriodMAFast」期間単純移動平均


RSIの長期移動平均(ピンクのライン)=RSIの「PeriodMASlow」期間指数平滑移動平均


このように、短期移動平均線は単純移動平均で算出されますが、長期移動平均線は指数平滑移動平均で算出されています。


通常のRSIでは、買われ過ぎ/売られ過ぎ水準が固定値になっており、これらの水準をRSIが越えた後、再び内側に戻ってきた時が反転のシグナルです。


一方、「TrendRSI_v1」は固定された閾値の代わりに、短期移動平均線を使用します。


RSIが短期移動平均を下から上に抜いた場合は、上昇トレンドが始まる可能性を示唆しており、RSIが短期移動平均を上から下に抜いた場合は、下降トレンドが始まる可能性を示唆しています。


長期移動平均とRSI・短期移動平均の距離が離れつつある場合、値動きが加速していることを示しています。


実際の取引で使用する前に、どの程度うまく機能するのか十分にテストを行った上で使用しましょう。


TrendRSI_v1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

TrendRSI_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


TrendRSI_v1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


TrendRSI_v1のパラメーター解説


TrendRSI_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「TrendRSI_v1」のパラメーターは、「PeriodRSI」「PeriodMAFast」「PeriodMASlow」という3つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

PeriodRSI

RSI算出期間


初期値:14


値を大きくすると、価格に対するRSIの反応が緩やかになります。

PeriodMAFast

短期移動平均算出期間


初期値:8


値を大きくすると、価格に対する短期移動平均の反応が緩やかになります。

PeriodMASlow

長期移動平均算出期間


初期値:45


値を大きくすると、価格に対する長期移動平均の反応が緩やかになります。


「PeriodMAFast」の値を「PeriodMASlow」より大きく設定しても、インジケーターの動作に支障はありませんが、ラインの役割が逆になりますので、そういった設定は避けるべきです。


RSIは標準的な設定になっていますので、必要がなければそのままの設定で使用しても問題ないでしょう。


まとめ


「TrendRSI_v1」の使い方やパラメーターの設定方法について解説しましたが、ポイントをまとめると以下の通りです。


  1. RSIと短期移動平均の交差がシグナル

  2. 長期移動平均とRSI・短期移動平均の距離が離れている場合は、値動きに勢いがある

  3. パラメーターの各値を大きくすると価格への反応が緩やかになる


上記のような特徴から、「TrendRSI_v1」はRSIでトレンドを捉えたい方に、向いているインジケーターと言えます。


通常のRSIでうまくエントリーできないという方は、1度試してみるとよいかもしれません。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事