FXで何やっても勝てなくて、やったコト

終値とボリュームでトレンドの強さを測るMT5インジケータ-「Intraday_Intensity_Open_Form」

更新日時:2021年03月06日 17:29

Intraday_Intensity_Open_Formスクリーンショット


為替市場や株式市場において、機関投資家などの大口のプレーヤーが与える影響は大きいため、その動向を多くのトレーダーが注目しています。


特に個人トレーダーは大口トレーダーの考え方を理解しながら相場で立ち回る必要があります。


この記事で紹介する「Intraday_Intensity_Open_Form」は、機関投資家の売買動向のヒントを得ることを目的としたインジケーターで、次のような方に向いています。。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. ボリュームを考慮してトレンドの強さを分析したい方


上記のような方のために、「Intraday_Intensity_Open_Form」について詳しく解説します。


  1. Intraday_Intensity_Open_Formの概要
  2. Intraday_Intensity_Open_Formを表示する方法
  3. Intraday_Intensity_Open_Formのパラメーター解説
  4. まとめ

Intraday_Intensity_Open_Formの概要


「Intraday_Intensity_Open_Form」は、取引が活発な時間帯にボリュームが少ないトレンドは見込みが薄く、反対にボリュームが多いトレンドは収益を上げられる可能性が高いという考えにもとづいて開発されたインジケーターです。


「Intraday_Intensity_Open_Form」は以下の方法によって算出されます。


Vol=(高値-安値)×ボリューム


Intraday_Intensity_Open_Form=前のIntraday_Intensity_Open_Formの値+(2×終値-高値-安値)/Vol


ボリュームには、ティックボリュームを用られます。


「Intraday_Intensity_Open_Form」は、期間内の値幅と終値の位置関係、ボリュームをもとに、トレンドの強さを計るインジケーターです。


上昇している場合はトレンドが存在している可能性を示し、下降している場合はトレンドが存在しないかトレンドが弱まっている可能性を示しています。


ダイバージェンスやアキュミレーション/ディストリビューションを、シグナルとして使用することもできるようです。


Intraday_Intensity_Open_Formを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Intraday_Intensity_Open_Formのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Intraday_Intensity_Open_Form


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Intraday_Intensity_Open_Formのパラメーター解説


Intraday_Intensity_Open_Formパラメーター画像


「Intraday_Intensity_Open_Form」に、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

設定可能なパラメーターはありません。


まとめ


「Intraday_Intensity_Open_Form」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ボリュームが少ないトレンドは見込みが薄く、ボリュームが多いトレンドは収益を上げられる可能性が高いという考えにもとづいている。

  2. 上昇している場合はトレンドが存在している可能性を示唆。

  3. 下降している場合はトレンドが存在しないかトレンドが弱まっている可能性を示唆。


「Intraday_Intensity_Open_Form」は、ボリュームを考慮してトレンドの強さを分析したい方に向いているインジケーターで。


情報が少なく、実際にどの程度を機能するのか不明なインジケーターであるため、充分に検証した上で使用することをおすすめします。

関連記事