FXで何やっても勝てなくて、やったコト

平滑化処理を施したMFIを表示するMT5インジケーター「MFI_smoothed」

更新日時:2021年05月31日 17:05

MFI_smoothedスクリーンショット


MFIのダマしのシグナルに悩まされた経験はないでしょうか。


「MFI_smoothed」は、平滑化したMFIを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. MFIのダマしのシグナルに悩まされている方

  2. MFIのノイズを抑えたい方


以上のような方のためにこの記事では、「MFI_smoothed」について詳しく解説します。


  1. MFI_smoothedの概要
  2. MFI_smoothedを表示する方法
  3. MFI_smoothedのパラメーター解説
  4. まとめ

MFI_smoothedの概要


MFI(Money Flow Index)は、買いと売りのどちらに資金が流れているのかを示すインジケーターです。


株式市場では株価と出来高をもとに算出されますが、FXでは出来高の代わりにボリュームが使用され、以下の方法で算出されます。


TP=(高値+安値+終値)/3


MF=TP×ボリューム


PMF=TPが前日より上昇した日のMFの合計


NMF=TPが前日と変わらなかった日と下落した日のMFの合計


MR=PMF/NMF


MFI=100―(100/(1+MR))


「MFI_smoothed」は、上記の方法で算出された通常のMFIに、平滑化処理を施したものです。


使い方はRSIによく似ており、20以下で売られ過ぎの可能性、80以上で買われ過ぎの可能性を示しています。


株式市場で使用されるMFIは出来高を考慮していることから、RSIと比較して相場の天井と底を捕えやすいといわれています。


しかし、FXの場合は出来高ではなくボリュームを使用する点が異なるため、実際に為替相場で機能するかどうかを十分に検証してから、トレードに組み込む必要がありそうです。


MFI_smoothedを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

MFI_smoothedのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


MFI_smoothed


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


MFI_smoothedのパラメーター解説


MFI_smoothedパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「MFI_smoothed」のパラメーターは、3つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

MFI period

MFIの期間


初期値:14


MFIの算出期間を設定します。

Smoothing period

平滑化期間


初期値:14


MFIを平滑化する期間を設定します。

Volumes

ボリューム


初期値:VOLUME_TICK


計算に使用するボリュームの種類を設定します。


「MFI period」は、MFIの算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、MFIの反応速度が変化します。


「Smoothing period」は、MFIを平滑化する期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど平滑化の度合いが高くなるため、ノイズが少なくなります。


「Volumes」は、MFIの算出に用いるボリュームの種類を設定するための項目です。


TICKとREALの2種類の中から選択します。


まとめ


「MFI_smoothed」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 平滑化したMFIを表示する。

  2. 0以下で売られ過ぎ、80以上で買われ過ぎの可能性を示唆している。


「MFI_smoothed」は、MFIのノイズを抑えたい方に向いているインジケーターです。


ダマしのシグナルが気になる場合は、複数のインジケーターと組み合わせて使用した方が良いでしょう。

関連記事