FXで何やっても勝てなくて、やったコト

4時間の値動きからその後のレンジを推測して表示するMT5インジケータ-「Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alert」

更新日時:2019年03月30日 04:34

Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alertスクリーンショット


Hans_Indicatorは、指定した時刻から4時間の値動きをもとに、その後のレンジの幅を推測して表示するインジケーターで、「Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alert」はその機能拡張したインジケーターです。


レンジを表示する時間延長され、レンジを拡張する幅を調整することができる他、メール通知などの各種アラート機能が追加されています。


Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alertを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alertのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alert

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでHans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alertが表示されました。


Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alertのパラメーター解説


Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alertパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


час начала отсчёта исходного коридора

始点となる時間

сдвиг коридора влево в барах

レンジの推測に用いる時間帯を左にシフト

шаг расширения границ каждого сформированного коридора в пунктах

レンジを拡張する間隔

Сдвиг индикатора по горизонтали в

インジケーターを水平方向へシフト

Номер бара для подачи сигнала

シグナルを発するのに必要なバーの数

Разрешение алерта

サウンド通知のオン/オフ

Количество алертов

アラートの数

Разрешение почтовой отправки сигнала

メール通知のオン/オフ

Разрешение отправки сигнала на мобильный

プッシュ通知のオン/オフ

Смещение координатной сетки по вертикали на PipsForEntryStep от середины канала

レンジ中間水準からのオフセット


「Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alert」は、推測したレンジの外側に上下それぞれ30本のラインを指定した間隔で表示し、レンジ上方は黄緑色と緑のラインが表示され、薄い緑色で塗りつぶされ、レンジ下方は赤と紫色のラインで表示され、薄いピンクで塗りつぶされます。


レンジを抜けたローソク足には色が付けられ、上方にレンジを抜けたローソク足は、水色と青で表示され、下方にレンジを抜けたローソク足は、ピンクと赤茶色で表示されます。


Hans_Indicatorでは、レンジは16時間分表示されていましたが、「Hans_Indicator_x62_Cloud_System_Tail_Alert」では20時間に延長され、延長された部分のレンジは塗りつぶされません。


インジケーターによって表示されたレンジをブレイクした後、どの水準で反転するのかを、このインジケーターのみで判断するのは困難なため、他のインジケーターや大きい時間枠での高値/安値などと併せて判断する必要があります。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事