FXで何やっても勝てなくて、やったコト

一定期間中の高値・安値を比較してエントリーのタイミングを表示するMT5インジケーター「lemansignal」

更新日時:2021年11月22日 17:04

lemansignalスクリーンショット


取引のタイミングを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「lemansignal」は、取引のタイミングをマーカーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. エントリーのタイミングを分析したい方

  2. イグジットのタイミングを分析したい方

  3. トレンド相場でのストップ水準を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では「lemansignal」について解説します。


  1. lemansignalの概要
  2. lemansignalを表示する方法
  3. lemansignalのパラメーター解説
  4. まとめ

lemansignalの概要


「lemansignal」を起動すると黄緑色と紫のドットが表示されます。


「lemansignal」では、検出した一定期間中の4つの高値を比較して買いシグナルを表示しています。


一方の売りシグナルは、一定期間中の4つの安値を比較して表示されます。


買いシグナルが表示される条件は以下の通りです。


4つ前の最高値≦3つ前の最高値かつ、1つ前の最高値>2つ前の最高値


また、以下の条件が揃った場合は売りシグナルが表示されます。


4つ前の最安値≧3つ前の最安値かつ、1つ前の最安値<2つ前の最安値


上昇トレンドの中で紫色のドットが表示された場合、売りストップとドテン注文のタイミングであることを示しています。


反対に下降トレンドの中で黄緑色のドットが表示された場合は、買いストップとドテン注文のタイミングを示しています。


相場の状況によってシグナルの解釈も変わるため、使用する際は注意しましょう。


lemansignalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

lemansignalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


lemansignal


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


lemansignalのパラメーター解説


lemansignalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「lemansignal」のパラメーターは、一定期間中の高値・安値を検出する期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Indicator period

算出期間


初期値:12


高値・安値を検出する期間を設定します。


「Indicator period」は、高値・安値を検出する期間を設定するための項目です。


期間を長く設定した場合、長期的な高値や安値がインジケーターに反映されるため、長期的な値動きにもとづいたシグナルが表示されます。


反対に期間を短く設定した場合は短期的な値動きがインジケーターに反映されます。


まとめ


「lemansignal」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 黄緑色のドットは買いシグナル

  2. 紫色のドットは売りシグナル

  3. 上昇トレンドの中で紫色のドットが表示された場合は売りトップとドテン注文のシグナル

  4. 下降トレンドの中で黄緑色のドットが表示された場合は買いトップとドテン注文のシグナル


「lemansignal」は、取引のタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


実際の取引でどの程度うまく機能するかについては未知数のため、使用する前に十分なテストを実施した方が良いでしょう。

関連記事