FXで何やっても勝てなくて、やったコト

隣り合ったバー同士の価格を比較して値動きの反転を矢印で表示するMT5インジケーター「Reverse_No_Repair」

更新日時:2019年06月29日 05:39

Reverse_No_Repairスクリーンショット


「Reverse_No_Repair」は、ローソク足を比較して値動きが反転したポイントに、矢印を表示するインジケーターで、Qianru Gaoによって開発されました。


インジケーターを起動すると、チャート上に矢印が表示され、値動きが上昇から下降に転換したポイントには下向きの青い矢印、下降から上昇に転換したポイントには、上向きの赤い矢印が表示されます。


「Reverse_No_Repair」は、算出期間中の隣り合ったローソク足同士の、高値・安値・終値を比較して値動きを判断しています。


インジケーターが上昇を検出している状態で、現在のローソク足の高値・安値・終値が前のローソク足より全て低い場合には下降に転じたと判定され、反対に下降を検出している状態で、現在のローソク足の高値・安値・終値が前のローソク足より全て高い場合には上昇に転じたと判定されます。


Reverse_No_Repairを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Reverse_No_Repairのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Reverse_No_Repair

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでReverse_No_Repairが表示されました。


Reverse_No_Repairのパラメーター解説


Reverse_No_Repairパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は「FilterCandle」のみで、初期設定の値は12にセットされています。



FilterCandle

ローソク足を比較する期間


「Reverse_No_Repair」の矢印は、値動きの反転を検出したローソク足の、1本前のローソク足に表示されるため、このインジケーターによって、表示される矢印をシグナルとして取引するのは難しそうです。


また、持ち合い相場などの動意が薄い状況下では、検出の精度も落ちる点に留意しておく必要があります。


値動きが反転した過去のポイントを、確認したい場合などには、便利なインジケーターなのではないでしょうか。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事