FXで何やっても勝てなくて、やったコト

平滑化方法を変更できるADXを表示するMT5インジケーター「Wilders_DMI_averages」

更新日時:2021年04月30日 4:25

Wilders_DMI_averagesスクリーンショット


相場にトレンドが存在するかどうかを、分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Wilders_DMI_averages」は、ADXをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方

  3. ADX_wilderを使用している方


この記事では「Wilders_DMI_averages」について詳しく解説します。


  1. Wilders_DMI_averagesの概要
  2. Wilders_DMI_averagesを表示する方法
  3. Wilders_DMI_averagesのパラメーター解説
  4. まとめ

Wilders_DMI_averagesの概要


「Wilders_DMI_averages」を起動すると、サブウィンドウ上にDMIとADXが表示されます。


DMIはプラス方向の動きを示す+DIとマイナス方向の動きを示す-DMという2本の線によって構成されるインジケーターで、売りと買いのどちらの力が強いのかを分析する際に用いられます。


+DIが-DIを上回っている場合にはグリーン、-DIが+DIを上回っている場合にはピンクで表示されます。


DMIをもとに算出した指標がADXで、緑色のラインで表示されます。


「Wilders_DMI_averages」は、MT5に標準でインストールされているADX_wilderと基本的なつくりは同じです。


ADX_wilderでは、平滑化には通常14期間のワイルダーズEMAと呼ばれる平滑化方法が使用されますが、「Wilders_DMI_averages」は平滑化方法を指定できます。


平滑化方法に単純移動平均を使用した場合、通常のADXと比較すると、やや大げさに動くようです。


指数平滑化移動平均に設定すると、通常のADXよりも少しノイズが多くなるようですが、、単純移動平均や指数平滑移動平均は通常のADXよりも価格に敏感に反応する傾向があります。


使い方によっては通常のADXよりもうまく機能する場面もあるでしょう。


Wilders_DMI_averagesを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Wilders_DMI_averagesのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Wilders_DMI_averages


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Wilders_DMI_averagesのパラメーター解説


Wilders_DMI_averagesパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ADX(DMI)period

ADXの期間


初期値:14


ADXの算出期間を設定します。

ADX level

ADXレベル


初期値:20


ADXのレベルを設定します。

ADX visible

ADXの表示


初期値:true


falseに設定するとADXが非表示になります。

ADXR visible

ADXRの表示


初期値:false


trueに設定するとADXRが表示されます。

Average type

平滑化方法


初期値:ma_smma


平滑化に用いる移動平均を設定します。


「ADX visible」「ADXR visible」は、それぞれADX・ADXRを表示するか否かを設定するための項目です。


trueに設定すると表示され、falseに設定すると非表示になります。


「Average type」は、平滑化に用いる移動平均の算出方法を設定するための項目です。


デフォルトの状態では平滑化移動平均に設定されていますが、単純移動平均や指数平滑移動平均、加重移動平均に変更することもできます。


まとめ


「Wilders_DMI_averages」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. Wilders_DMIをベースにしている。

  2. 平滑化方法を変更できる。


「Wilders_DMI_averages」は、トレンドが発生しているかどうかを分析したい方に向いているインジケーターです。


ADX_wilderを使用している方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事