FXで何やっても勝てなくて、やったコト

買いと売りの強さをラインと雲で表示するMT5インジケーター「totalpowerindicator」

更新日時:2022年06月13日 12:02

totalpowerindicatorスクリーンショット


トレンド相場にエントリーするタイミングを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「totalpowerindicator」は、買いと売りの強さを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンド相場にエントリーするタイミングを分析したい方

  2. 買い圧力と売り圧力の強さを分析したい方


この記事では、「totalpowerindicator」について詳しく解説します。


  1. totalpowerindicatorの概要
  2. totalpowerindicatorを表示する方法
  3. totalpowerindicatorのパラメーター解説
  4. まとめ

totalpowerindicatorの概要


「totalpowerindicator」は、ブルパワーとベアパワーをベースにしたインジケーターです。


インジケーターを起動すると、雲とラインが表示されます。


雲は買いと売りのどちらが優勢なのかを示したもので、青色は買い、赤紫色は売りが優勢であることを示しています。


青色の雲が100に到達した場合は買いシグナル、赤紫色の雲が100に到達した場合は売りシグナルです。


また、ラインが赤紫色の雲を下から上に抜けた場合は買いシグナル、ラインが青色の雲を下から上に抜けた場合は売りシグナルです。


totalpowerindicatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

totalpowerindicatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


totalpowerindicator


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


totalpowerindicatorのパラメーター解説


totalpowerindicatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Indicator period

ベアパワー・ブルパワーの算出期間


初期値:10


ベアパワー・ブルパワーを測定する期間を設定します。

Smoothing period

平滑化期間


初期値:45


平滑化に用いる移動平均の算出期間を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

シフト


初期値:0


インジケーターのオフセットを設定します。


「Indicator period」は、インジケーターのインジケーターの期間を設定するための項目です。


ペアパワーとブルパワーを測定する期間を設定します。


「Smoothing period」は、「totalpowerindicator」の平滑化期間を設定するための項目です。


平滑化期間を長く設定するほど、インジケーターノイズが少なくなります。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、「totalpowerindicator」の水平方向へのシフトを設定するための項目です。


正の値を入力するとインジケーターの表示位置が右に移動し、負の値を入力すると左に移動します。


まとめ


「totalpowerindicator」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 買いと売りの強さを算出する

  2. 青色の雲が100に到達した場合は買いシグナル

  3. 赤紫色の雲が100に到達した場合は売りシグナル

  4. ラインが赤紫色の雲を下から上に抜けた場合は買いシグナル

  5. ラインが青色の雲を下から上に抜けた場合は売りシグナル


「totalpowerindicator」は、トレンド相場にエントリーするタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、シグナルの精度を確認しておいた方がよいでしょう。

関連記事