FXで何やっても勝てなくて、やったコト

Aroon upとAroon downの差をヒストグラムで表示するMT5インジケーター「Aroon_filter」

更新日時:2021年05月31日 16:58

Aroon_filterスクリーンショット


現在の相場に、トレンドが存在するかどうかを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Aroon_filter」は、Aroonをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドと有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方


この記事では「Aroon_filter」について詳しく解説します。


  1. Aroon_filterの概要
  2. Aroon_filterを表示する方法
  3. Aroon_filterのパラメーター解説
  4. まとめ

Aroon_filterの概要


Aroonは、Aroon upとAroon downの2本のラインから構成されるトレンドフォロー系のインジケーターです。


DMIと似ており、トレンドの転換点やトレンドの有無を調べることができます。


「Aroon_filter」は、Aroon upとAroon downの差をもとに算出されます。


Aroon up=(n期間―n期間中の最高値から直近までの足の数)/n期間×100


Aroon down=(n期間―n期間中の最安値から直近までの足の数)/n期間×100


Aroon filter = Aroon up―Aroon down


「Aroon_filter」は、上昇トレンド・下降トレンドの強さをヒストグラムで表示します。


緑のヒストグラムは上昇トレンドの可能性を示し、赤のヒストグラムは下降トレンドの可能性を示しています。


「Aroon_filter」の値が閾値を下回る場合、グレーのヒストグラムを表示。


通常のAroonでも、Aroon upとAroon downの間の幅を見れば同様の情報を得ることができますが、「Aroon filter」を使用することで、視覚的により分かり易くすることができるでしょう。


ただし、Aroonの重要水準である70~100にAroon up/Aroon downが到達しているかどうかを、「Aroon filter」では確認できない点に注意が必要です。


Aroon_filterを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Aroon_filterのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Aroon_filter


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Aroon_filterのパラメーター解説


Aroon_filterパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

算出期間


初期値:10


Aroon filterを算出する期間を設定します。

Filter

トレンドを判定する閾値


初期値:25.0


ヒストグラムの色が変化する水準を設定します。


「Period」は、「Aroon_filter」の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、「Aroon_filter」に反映される値動きの期間が変化します。


「Filter」は、フィルタの閾値を設定するための項目です。


ここで設定した値よりも、「Aroon filter」の値が低い場合には、ヒストグラムがグレーで表示されます。


まとめ


「Aroon_filter」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. Aroon upとAroon downの差を算出する。

  2. 緑色のヒストグラムは上昇トレンドのシグナル。

  3. 赤色のヒストグラムは下降トレンドのシグナル。


「Aroon_filter」は、相場にトレンドが存在するかどうかを、分析したい方に向いているインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、どの程度うまく機能するのかを、確認した方が良いでしょう。

関連記事