FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ストキャスティクス・平均足・TDIのシグナルを基に買い/売りを記号で表示するMT5インジケーター「TMS_Arrows」

更新日時:2019年03月17日 03:48

TMS_Arrowsスクリーンショット


それぞれのインジケーターには長所と欠点があり、その欠点を補うためにテクニカル分析では複数のインジケーターを併用しているケースが多く見られます。


MT5インジケータ-の中には複数のインジケーターを一つにまとめてシグナルだけを表示するものもあり、「TMS_Arrows」も平均足、ストキャスティクス、TDI(Traders Dynamic index)と言った三つのインジケーターを一つにまとめたもので、各インジケーターから発せられるシグナルを基に、買い/売りを記号で表示するインジケーターです。


TMS_Arrowsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

TMS_Arrowsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


TMS_Arrows

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでTMS_Arrowsが表示されました。


TMS_Arrowsのパラメーター解説


TMS_Arrowsパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


TDI RSI period

TDI RSIの算出期間

TDI RSI applied price

TDI RSIの適用価格

TDI Volatility band period

TDIのボラティリティバンドの算出期間

TDI RSI smoothing period

TDI RSIの平滑化期間

TDI RSI smoothing method

TDI RSIの平滑化方法

TDI Signal smoothing period

TDIシグナルラインの平滑化期間

TDI Signal smoothing method

TDIシグナルラインの平滑化方法

Signal point anchor

シグナルの表示位置


初期設定では買いを示すシグナルはグリーンのドットで表示され、反対に売りを示すシグナルは赤いドットで表示されます。


グリーンのドットが表示される条件は、 TDIがシグナルラインを下から上に抜け、ストキャスティクスが上向きで、強気の平均足が1番目か2番目に現れた場合で、赤いドットが表示される条件は、TDIがシグナルラインを上から下に抜け、ストキャスティクスが下向きで、弱気の平均足が一番目か二番目に表示された場合です。


持ち合い相場ではダマしのシグナルが多いため、動意の薄い場面での使用は控えた方が良さそうです。


また、トレンド相場でもトレンドの方向に逆らったシグナルが出るため、トレンドの方向を見極めるためのインジケーターと組み合わせて使用した方が良いかもしれません。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事