FXで何やっても勝てなくて、やったコト

色つきのポインタでトレンドの方向を表示するMT5インジケータ-「Volatility_Quality_Index」

更新日時:2021年02月06日 23:08

Volatility_Quality_Indexスクリーンショット


トレンドの方向を一目で確認できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Volatility_Quality_Index」は、色の変化でトレンドの向きを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を確認したい方

  2. シンプルのインジケーターを探している方


この記事では「Volatility_Quality_Index」について詳しく解説します。


  1. Volatility_Quality_Indexの概要
  2. Volatility_Quality_Indexを表示する方法
  3. Volatility_Quality_Indexのパラメーター解説
  4. まとめ

Volatility_Quality_Indexの概要


トレンドフォロー系のインジケーターには、移動平均線のようにラインの向きでトレンドの方向を示すものやMACDのようにオシレーターという形式を取っているものもあります。


「Volatility_Quality_Index」は、サブウィンドウ上に色つきのポインタを表示してトレンドの方向を表示するインジケーターです。


「Volatility_Quality_Index」は以下の方法によって算出されます。


C2=平滑化期間の前のバーの終値


高値-安値、高値-C2、C2-安値の内、最も値が大きいものMAXとする。


VQnew=((終値-C2)/MAX+(終値-始値)/(高値-安値)×5)×(終値-C2+(終値-始値))×5の絶対値


VQnewの値が0より大きい場合は、相場が強気であることを示すグリーンのポインタが表示され、VQnewの値が0以下の場合は、相場が弱気であることを示す赤のポインタが表示されます。


また、VQnewの値がフィルターサイズより小さい場合、前のVQnewの値が適用され、「Volatility_Quality_Index」の表示はひとつ前に表示されたポインタの色が引き継がれ、VQnewの値がフィルターサイズ以上の場合はそのVQnewの値が適用されます。


エントリーのタイミングを計るためのインジケーターではないため、他のインジケーターの補助として使用することで効果を発揮するインジケーターと考えた方が良いでしょう。


Volatility_Quality_Indexを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Volatility_Quality_Indexのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Volatility_Quality_Index


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Volatility_Quality_Indexのパラメーター解説


Volatility_Quality_Indexパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

算出期間


初期値:7


Volatility_Quality_Indexの算出期間を設定します。

Method

平滑化方法


初期値:Simple


平滑化に用いる移動平均の種類を設定します。

Smoothing

平滑化期間


初期値:1


平滑化期間を設定します。


「Period」はVolatility_Quality_Indexの算出期間を設定するための項目です。


期間を短く設定すると短期的なトレンドが反映され、長く設定すると長期的なトレンドがVolatility_Quality_Indexに反映されます。


「Method」は平滑化に用いる移動平均の種類を設定するための項目です。


初期設定では単純移動平均に設定されていますが、指数平滑移動平均、平滑化移動平均、線加重移動平均に変更することもできます。


まとめ


「Volatility_Quality_Index」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. トレンドの方向をポインタの色で表示する。

  2. グリーンのポイントは強気相場のシグナル。

  3. 赤色のポイントは弱気相場のシグナル。


「Volatility_Quality_Index」は、トレンドの方向を確認できるシンプルなインジケーターを探している方に適したインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、どの程度うまく機能するのか確認した上で使用した方が良いでしょう。

関連記事