FXで何やっても勝てなくて、やったコト

一定期間中のレンジにもとづいて買われ過ぎ・売られ過ぎを表示するMT4インジケーター「Stochastic」

更新日時:2021年01月29日 13:25

Stochasticスクリーンショット


一定期間中のレンジと比較して、現在の価格がどの程度の水準にあるのかを確認する方法があればと考えたことはないでしょうか。


「Stochastic」は、上記の機能を備えたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 現在の価格が買われ過ぎのか売られ過ぎなのかを分析したい方

  2. ストキャスティクスをよく使用する方


以上のような方のためにこの記事では、「Stochastic」について解説します。


  1. Stochasticの概要
  2. Stochasticを表示する方法
  3. Stochasticのパラメーター解説
  4. まとめ

Stochasticの概要


「Stochastic」を起動すると、サブウィンドウ上に水色と赤色のラインが表示されます。


水色のラインはストキャスティクス、赤色のラインはシグナルラインです。


「Stochastic」はMT4に標準でインストールされている「Stochastic Oscillator」と同じストキャスティクスを表示します。


インジケーターの値が20より低い場合は売られ過ぎの状態、80より高い場合は買われ過ぎの状態です。


また、20より下でストキャスティクスがシグナルラインとゴールデンクロスした場合は、値動きが上に転換する可能性を示唆しています。


80より上でデッドクロスした場合は、下に転換する可能性を示しています。


Stochasticを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Stochasticのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Stochastic


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Stochasticのパラメーター解説


Stochasticパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Stochastic」のパラメーターは、MT4標準のストキャスティクスと同様の項目で構成されています。


入力項目 入力内容

KPeriod

%Kの期間


初期値:5


%Kの算出期間を設定します。

DPeriod

%Dの期間


初期値:3


%Dの算出期間を設定します。

Slowing

スローイング期間


初期値:3


スローイング期間を設定します。


「KPeriod」「DPeriod」は、%Kと%Dの算出期間を設定するための項目で、設定した値によってストキャスティクスが価格に追従する速度が変化します。


「Slowing」はスローイング期間を設定するための項目で、スロー%Dがストキャスティクスに追従する速度が変化します。


各項目のデフォルトの値も、MT4標準のストキャスティクスと同様の設定になっています。


まとめ


「Stochastic」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. MT4標準とストキャスティクスと同じように動作する。

  2. 20より下でストキャスティクスがシグナルラインとゴールデンクロスした場合は値動きが上に転換するシグナル。

  3. 80より上でストキャスティクスがシグナルラインとデッドクロスした場合は値動きが下に転換するシグナル。


「Stochastic」は、現在の価格が一定期間中のレンジの中でどの程度の水準にあるのかを分析したい方に向いているインジケーターです。


標準のストキャスティクスと同じように使用できるため、使い方で戸惑うことも少ないでしょう。


何らかの理由で、MT4標準のストキャスティクスが使用できなくなった場合などに、活用できるのではないでしょうか。

関連記事