FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ストキャスティクスとシグナルラインの差をヒストグラムで表示するMT4インジケーター「StochasticTrad」

更新日時:2021年02月14日 16:01

StochasticTradスクリーンショット


ストキャスティクスとシグナルラインの位置関係を、一目で確認できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「StochasticTrad」は、ストキャスティクスとシグナルラインの差を表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 値動きの転換を捉えたい方

  2. 逆張り系の手法を使用している方

  3. ストキャスティクスをよく使用する方


以上のような方のためにこの記事では、「StochasticTrad」について詳しく解説します。


  1. StochasticTradの概要
  2. StochasticTradを表示する方法
  3. StochasticTradのパラメーター解説
  4. まとめ

StochasticTradの概要


インジケーターを起動すると、サブウィンドウ上にストキャスティクスとヒストグラムが表示されます。


水色のラインがストキャスティクス、赤色のラインがシグナルラインです。


また、ヒストグラムは青色で表示されます。


「StochasticTrad」は、通常のストキャスティクスとは異なり、最大値が50、最小値が-50に設定されています。


ヒストグラムの値が0より高い場合、ストキャスティクスがシグナルラインより高い水準で推移していることを示しています。


反対にヒストグラムが0より低い場合、ストキャスティクスがシグナルラインより低い水準で推移している状態です。


「StochasticTrad」では、買われ過ぎ水準や売られ過ぎ水準は設定されていません。


ストキャスティクスとシグナルラインが高い水準にある状態で、ヒストグラムがプラス圏からマイナス圏に転換した場合は売りシグナルです。


逆の場合は買いシグナルになります。


StochasticTradを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StochasticTradのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StochasticTrad


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StochasticTradのパラメーター解説


StochasticTradパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「StochasticTrad」のパラメーターは、一般的なストキャスティクスと同様の項目で構成されています。


入力項目 入力内容

KPeriod

%Kの期間


初期値:14


%Kの算出期間を設定します。

DPeriod

%Dの期間


初期値:3


%Dの算出期間を設定します。

Slowing

スローイング期間


初期値:3


シグナルラインの平滑化期間を設定します。


「KPeriod」「DPeriod」は、それぞれの移動平均の算出期間を設定するための項目です。


設定した期間に応じてストキャスティクスの反応速度が変化します。


「Slowing」はシグナルラインの平滑化期間を設定するための項目です。


長い期間に設定するほどラインの変化が緩やかになり、短い期間に設定すると反応が俊敏になります。


まとめ


「StochasticTrad」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ストキャスティクスをベースにしている。

  2. ストキャスティクスとシグナルラインの差をヒストグラムで表示する。

  3. 最大値は50、最小値は-50


「StochasticTrad」は、逆張り系の手法を使用している方に向いているインジケーターです。


一般的なストキャスティクスとの共通点も多いため、使い方で戸惑うことも少ないでしょう。

関連記事