FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ストキャスティクスのラインの交差を矢印で表示するMT4インジケーター「wajdyss_Stochastic_indicator_v1」

更新日時:2019年06月14日 10:08

wajdyss_Stochastic_indicator_v1スクリーンショット


ストキャスティクスは直近の価格が一定期間のレンジに対して、どのような位置にあるのかをもとにしたオシレーターで、%Kと%Dを用いるファーストストキャスティクスと、%Dと%Dを平滑化したラインを用いるスローストキャスティクスがあります。


「wajdyss_Stochastic_indicator_v1」は、ストキャスティクスの2本のラインが交差したポイントと方向を矢印で表示するインジケーターです。


インジケータを起動するとチャート上に矢印が表示され、黄緑色の上向きの矢印は動きの速いラインが遅い方のラインを下から上に抜けたことを示しており、下向きの赤い矢印は速いラインが遅いラインを上から下に抜けたことを示しています。


wajdyss_Stochastic_indicator_v1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

wajdyss_Stochastic_indicator_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


wajdyss_Stochastic_indicator_v1

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでwajdyss_Stochastic_indicator_v1が表示されました。


wajdyss_Stochastic_indicator_v1のパラメーター解説


wajdyss_Stochastic_indicator_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの設定項目はストキャスティクスに関する項目、アラートに関する項目、テキストに関する項目が設けられています。


「Price_Field」「MA_Method」はそれぞれ「Pric_Field_Note」「MA_Method_Note」に表示されている番号で指定する必要があります。


KPeriod

%K算出期間

Slowing

スローイング期間

DPeriod

%D算出期間

Pric_Field_Note

0=Low/High , 1=Close/Close

Price_Field

適用価格

MA_Method_Note

0 = Simple , 1 = Exponential , 2 = Smoothed , 3 = Linear

MA_Method

平滑化方法

alert

アラートの有効/無効

file

アラートの音声ファイル名

TextSize

テキストサイズ

TextColor1

テキスト1の色

TextColor2

テキスト2の色

TextColor3

テキスト3の色

TextColor4

テキスト4の色


「wajdyss_Stochastic_indicator_v1」が示すのはラインの交差のみで、買われ過ぎ水準/売られ過ぎ水準に達したことを知らせるものではありません。


ストキャスティクスが示す値動きの方向のみ、分かれば良いという方には試してみる価値のあるインジケーターなのではないでしょうか。


エントリーのタイミングを示すインジケーターではないため、他のインジケーターや手法と組み合わせて使用する必要があります。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事