FXで何やっても勝てなくて、やったコト

OBOSとCCIのハイブリッドMT5インジケーター「CCI_OBOS_Crossover」

更新日時:2019年01月07日 17:23

CCI_OBOS_Crossoverスクリーンショット


テクニカルインジケーターにはそれぞれ長所・短所があり、複数のインジケーターを組み合わせて使用しているという方も多いのではないでしょうか?


この記事では、CCIとOBOSという2つのオシレーター系のインジケーターを1つにし、それによって発せられるシグナルのみをチャート上に表示するCCI_OBOS_Crossoverというインジケーターについて紹介していきます。


CCIは現在の値動きの幅が、過去の値動きの幅に対してどの程度の水準にあるのかを示すインジケーターで、100以上で買われ過ぎの可能性、-100以下で売られ過ぎの可能性を示すものです。


OBSOはUpとDownという2本のラインによって構成されるオシレーターで、CCI同様、100以上/-100以下で買われ過ぎ/売られ過ぎの可能性を示すものです。


CCI_OBOS_Crossoverは、CCIがOBOSのUpラインをクロスすることによってシグナルを発します。


CCI_OBOS_Crossoverを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

CCI_OBOS_Crossoverのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


CCI_OBOS_Crossover

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでCCI_OBOS_Crossoverが表示されました。


CCI_OBOS_Crossoverのパラメーター解説


CCI_OBOS_Crossoverパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


OBOS period

OBOSを算出する期間

CCI period

CCIを算出する期間

Use OB/OS filter

買われ過ぎ/売られ過ぎ水準でのフィルタリングの有無

Overbought

買われ過ぎ水準

Oversold

売られ過ぎ水準


CCIがOBOSのUpラインを下から上に抜いた場合、相場上昇の可能性があるというシグナルになり、チャート上に緑の点として表示され、CCIがUpラインを上から下に抜いた場合、相場下落の可能性があるというシグナルになり、チャート上に赤の点として表示されます。


パラメーターのUse OB/OS filterをYesに設定するとOBOSが売られ過ぎ水準より下にある場合、赤の点は表示されなくなり、買われ過ぎ水準水準より上にある場合には、緑の点は表示されなくなります。


このインジケーターはローソク足の始値に点を表示する様になっていますが、エントリーすべき水準を示しているわけではなく、このインジケーターによって得られる情報は、エントリーの方向とエントリーするタイミングの目安である為、エントリーの水準を判断する方法も必要に応じて用意しておく必要がありそうです。

関連記事