FXで何やっても勝てなくて、やったコト

相場のトレンドとサイクルを表示するMT5インジケーター「Sinewave2」

更新日時:2022年08月02日 18:01

Sinewave2スクリーンショット


トレンドが転換する兆候を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Sinewave2」は、Sinewaveをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドが転換する兆候を分析したい方

  2. 相場のサイクルにもとづいて取引したい方


以上のような方のためにこの記事では、「Sinewave2」について解説します。


  1. Sinewave2の概要
  2. Sinewave2を表示する方法
  3. Sinewave2のパラメーター解説
  4. まとめ

Sinewave2の概要


「Sinewave2」とSinewaveは、CyclePeriodの値をもとに算出したtrend oscillatorです。


CyclePeriodを使用することで、相場の状況によってインジケーターの感度が変化するようになっています。


「Sinewave2」には、フィルタリング処理が施されており、Sinewaveと比較するとノイズが少なくなっている点が特徴です。


「Sinewave2」では、ストキャスティクスのように、2本のラインの交差をシグナルとして使用します。


トレンド相場では、2本のラインが平行に表示されます。


Sinewave2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Sinewave2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Sinewave2


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Sinewave2のパラメーター解説


Sinewave2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Sinewave2」のパラメーターは、2つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

коэффициент индикатора

比率


初期値:0.07


CyclePeriodの算出期間の比率を設定します。

сдвиг индикатора по горизонтали в барах

水平方向のシフト


初期値:0


水平方向へのオフセットを設定します。


「коэффициент индикатора」は、CyclePeriodの算出期間の比率を設定するための項目です。


大きな値に設定するとインジケーターの感度が上がります。


反対に、小さな値に設定した場合、値動きに対する「Sinewave2」の反応が緩やかになります。


「сдвиг индикатора по горизонтали в барах」は、インジケーターのシフトを設定するための項目です。


正の値を入力する「Sinewave2」の表示位置が右に移動し、負の値を入力すると左に移動します。


0を入力するとシフトなしのラインが表示されます。


まとめ


「Sinewave2」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. trend oscillatorをベースにして いる

  2. Sinewaveのノイズを取り除いたラインを表示

  3. ラインの交差がトレンド転換のシグナル

  4. トレンド中はライン同士が平行になる


「Sinewave2」は、トレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


Sinewaveよりもノイズが抑えられているので、ダマしのシグナルを避けたい方は「Sinewave2」を使用するとよいでしょう。

関連記事