FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ボリュームを考慮したROCを表示するMT5インジケーター「Effort_Result」

更新日時:2021年05月28日 17:42

Effort_Resultスクリーンショット


ボリュームを考慮しながら、値動きの転換を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Effort_Result」は、ROCとボリュームをもとに算出されるインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボリュームを考慮しながら値動きの転換を分析したい方

  2. 逆張り系の手法を使用している方


上記のような方のためにこの記事では、「Effort_Result」について詳しく解説します。


  1. Effort_Resultの概要
  2. Effort_Resultを表示する方法
  3. Effort_Resultのパラメーター解説
  4. まとめ

Effort_Resultの概要


「Effort_Result」は、価格の変化と一定期間内の最大ボリュームに着目したオシレーターです。


「Effort_Result」は、次のような方法で算出されます。


ROC=100×(直近のMA/n期間前のMA-1)


Effort Result=ROC/指定した期間内の最大ボリューム


「Effort_Result」のROCは、終値をもとに計算された単純移動平均(MA)が使用されるなど、通常のROCとは異なる変則的なものになっています。


オシレーター系のインジケーターでは、売られ過ぎ水準/買われ過ぎ水準によってシグナルを発するものや、複数のラインを使用し、ライン同士がクロスすることによってシグナルを発するものが多いです。


しかし、「Effort Result」では、ラインによって形成される「角」のような形の鋭いスパイクがシグナルになります。


スパイクは相場が反転するシグナルとして使用されますが、スパイクの有無だけで反転を判断するのではなく、「Effort Result」と価格の乖離に注目して判断した方が良いでしょう。


特に、トレンド相場内では、頻繁にダマしのシグナルを発するというケースも多いです。


価格との乖離に注意すれば、ある程度のダマしは回避できるので、複数のスパイクの推移を観察することが重要です。


Effort_Resultを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Effort_Resultのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Effort_Result


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Effort_Resultのパラメーター解説


Effort_Resultパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Effort_Result」のパラメーターは、インジケーターの算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Period

計算期間


初期値:14


Effort_Resultの算出期間を設定します。


「Period」は、「Effort_Result」の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、移動平均と最大ボリュームを検出する期間が変化します。


分析したい期間に合わせて調整すると良いでしょう。


まとめ


「Effort_Result」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ROCを一定期間内の最大ボリュームで除算して算出される。

  2. 鋭いスパイクが形成された場合、値動きが転換する可能性を示唆している。


「Effort_Result」は、ボリュームを考慮して値動きの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


メジャーなインジケーターではないため、どの程度うまく機能するのかバックテストを実施した上で、使用することをおすすめします。

関連記事