FXで何やっても勝てなくて、やったコト

マレー・マス・ラインをオシレーター化したMT5インジケーターを表示する「Murreys_Math_Oscillator」

更新日時:2021年05月10日 19:04

Murreys_Math_Oscillatorスクリーンショット


現在の価格が、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Murreys_Math_Oscillator」は、マレーレベルをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 現在の価格が買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを分析したい

  2. マレーレベルを使用している方


この記事では「Murreys_Math_Oscillator」について詳しく解説します。


  1. Murreys_Math_Oscillatorの概要
  2. Murreys_Math_Oscillatorを表示する方法
  3. Murreys_Math_Oscillatorのパラメーター解説
  4. まとめ

Murreys_Math_Oscillatorの概要


マレー・マス・ラインは、マレーレベルと呼ばれる0/8~8/8の9本のラインからなるチャネルです。


0/8が売られ過ぎ水準、8/8が買われ過ぎ水準、価格が4/8と交差した場合はトレンド転換したと判断します。


「Murreys_Math_Oscillator」は、価格がどのマレーレベルに達したのかをヒストグラムで表示するインジケーターです。


「Murreys_Math_Oscillator」は、下記の方法で算出されます。


Mid=期間内の最安値+任意のレベル調整乗数×(期間内の最高値―期間内の最安値)×4


MMO=2×(終値―Mid)/ (期間内の最高値―期間内の最安値)


初期設定の状態では、マレーラインのレベルは0/8~8/8ではなく-1~1までを0.25刻みで表示し、到達したレベルに応じてヒストグラムの色が変化します。


レベルはパラメーターで変更できますが、大きく変更すると表示される結果も大きく変化し、設定によってはマレーレベルが意味を成さなくなってしまうので注意が必要です。


Murreys_Math_Oscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Murreys_Math_Oscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Murreys_Math_Oscillator


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Murreys_Math_Oscillatorのパラメーター解説


Murreys_Math_Oscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

計算期間


初期値:100


Murreys_Math_Oscillatorの算出期間を設定します。

Multiplier

レベル乗数


初期値:0.125


オシレーターのレベルを設定します。

Show levels

レベルを表示する/しない


初期値:Yes


Noに設定するとレベルが非表示になります。


「Period」は、「Murreys_Math_Oscillator」の算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると長期的な値動きがオシレーターに反映され、小さな値に設定すると短期的な値動きが反映されます。


「Multiplier」はマレーレベルの間隔を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、前レベルの間隔が広がります。


「Show levels」はレベルラインの表示・非表示を設定するための項目です。


Yesに設定するとラインが表示され、Noに設定すると非表示になります。


まとめ


「Murreys_Math_Oscillator」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 価格がどのマレーレベルに到達しているのかヒストグラムで表示する。

  2. 到達したマレーレベルによってヒストグラムの色が変化する。


「Murreys_Math_Oscillator」は、トレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


また、普段からマレーレベルを使用している方であれば、活用できる場面も多いのではないでしょうか。

関連記事