FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ADX・DMI・CCI・MACD・ストキャスティックをもとにトレンドの方向を表示するMT5インジケーター「Consensus of five」

更新日時:2021年06月03日 15:06

Consensus_of_fiveスクリーンショット


複数のテクニカル指標を用いて分析している時、各指標のシグナルが矛盾していないか確認するのが煩わしいと感じたことはありませんか?


「Consensus_of_five」は、ADX・DMI・CCI・MACD・ストキャスティックをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 複数のインジケーターをもとにトレンドの方向を分析したい方

  2. インジケーターのダマしのシグナルに悩まされている方


この記事では「Consensus_of_five」について詳しく解説します。


  1. Consensus_of_fiveの概要
  2. Consensus_of_fiveを表示する方法
  3. Consensus_of_fiveのパラメーター解説
  4. まとめ

Consensus_of_fiveの概要


「Consensus_of_five」は、5つのインジケーターの示す方向が一致しているか否かを表示するインジケーターです。


DMI・CCI・MACD・ストキャスティックで相場の方向を推測し、ADXでトレンドの強度を測定することで、ダマしのシグナルを低減させる仕組みになっています。


それぞれのインジケーターは任意でオン/オフにすることができ、相場に動意がない場合はグレー、上昇の場合は青、下降の場合は赤で表示されます。


複数のインジケーターのシグナルにもとづいて相場の方向を表示するため、ダマしの低減が期待できます。


Consensus_of_fiveを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Consensus_of_fiveのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Consensus_of_five


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Consensus_of_fiveのパラメーター解説


Consensus_of_fiveパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Use ADX as trend filter

ADXを使用する/しない


初期値:Yes


Noに設定するとADXが無効になります。

Use DMI

DMIを使用する/しない


初期値:Yes


Noに設定するとDMIが無効になります。

Use CCI

CCIを使用する/しない


初期値:Yes


Noに設定するとCCIが無効になります。

Use MACD

MACDを使用する/しない


初期値:Yes


Noに設定するとMACDが無効になります。

Use Stochastic

ストキャスティクスを使用する/しない


初期値:Yes


Noに設定するとストキャスティクスが無効になります。

ADX period

ADXの期間


初期値:14


ADXの算出期間を設定します。

ADX entry level

トレンド有りと判定する水準


初期値:20.0


ADXでトレンド有りと判定する水準を設定します。

ADX exit level

トレンド無しと判定する水準


初期値:40.0


ADXでトレンド無しと判定する水準を設定します。

DMI period

DMIの期間


初期値:14


DMIの算出期間を設定します。

CCI period

CCIの期間


初期値:14


CCIの算出期間を設定します。

CCI Buy level

CCIの買い水準


初期値:0.0


CCIで買いエントリーのシグナルを判定する水準を設定します。

CCI Sell level

CCIの売り水準


初期値:0.0


CCIで売りエントリーのシグナルを判定する水準を設定します。

MACD fast EMA period

ファストEMAの期間


初期値:12


MACDのファストEMAを計算する期間を設定します。

MACD slow EMA period

スローEMAの期間


初期値:26


MACDのスローEMAを計算する期間を設定します。

MACD Buy level

MACDの買い水準


初期値:0.0


MACDで買いエントリーのシグナルを判定する水準を設定します。

MACD Sell level

MACDの売り水準


初期値:0.0


MACDで売りエントリーのシグナルを判定する水準を設定します。

Stochastic %K period

%Kの期間


初期値:5


ストキャスティックの%Kを計算する期間を設定します。

Stochastic %D priod

%Dの期間


初期値:3


ストキャスティックの%Dを計算する期間を設定します。

Stochastic slowing

スローイング期間


初期値:3


ストキャスティクスのスローイング期間を設定します。

Stochastic overbought

ストキャスティックの買われ過ぎ水準


初期値:80.0


ストキャスティクスで買われ過ぎと判定する水準を設定します。

Stochastic oversold

ストキャスティックの売られ過ぎ水準


初期値:20.0


ストキャスティクスで売られ過ぎと判定する水準を設定します。


「Use ADX as trend filter」から「Use Stochastic」までのパラメーターは、各指標の有効・無効を設定するための項目です。


Yesに設定すると該当する指標が有効になり、Noに設定すると無効になります。


また、指標ごとに「Buy level」「Sell level」の項目が設定されており、買いシグナルと売りシグナルを判定する水準をそれぞれ設定します。


まとめ


「Consensus_of_five」の特長は以下の通りです。


  1. ADX・DMI・CCI・MACD・ストキャスティックのシグナルをもとに、トレンドの方向を判定する。

  2. 相場に動意がない場合はグレー、上昇の場合は青、下降の場合は赤で表示される。


「Consensus_of_five」は、複数のインジケーターのシグナルをもとに、トレンドの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


各指標を個別に表示することはできない為、指標の状態を確認する必要のある手法には使えませんが、シンプルに売られ過ぎ・買われ過ぎ等のシグナルのみに着目して取引している方には、使い勝手の良いインジケーターと言えるでしょう。

関連記事