FXで何やっても勝てなくて、やったコト

相場の方向感と値動きの強さを表示するMT5インジケーター「entropy」

更新日時:2021年08月25日 18:51

entropyスクリーンショット


価格が向かっている方向を分析できるインジケーターがあればと考えたことがないでしょうか。


「entropy」は、相場の方向感を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 価格が向かっている方向を分析したい方

  2. 動意が低い状態で取引するのは避けたい方


以上のような方のためにこの記事では、「entropy」について解説します。


  1. entropyの概要
  2. entropyを表示する方法
  3. entropyのパラメーター解説
  4. まとめ

entropyの概要


「entropy」を起動すると、サブウィンドウ上に紫色のラインが表示されます。


このインジケーターは、最大エントロピー法を用いてノイズを取り除いた値動きを表示しています。


インジケーターの値が0より上で推移している場合は、価格が上昇している状態です。


反対に0より下で推移している場合は、価格が下降していることを示しています。


インジケーターの値が0から離れるほど、値動きに明確な動意があることを示しています。


0に近い水準で推移している場合は、動意が薄い状態です。


トレンドの方向や強さを分析する際などに活用できるでしょう。


entropyを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

entropyのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


entropy


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


entropyのパラメーター解説


entropyパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「entropy」のパラメーターはインジケーターの算出期間を設定するための項目と、シフトを設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Period of the indicator

算出期間


初期値:15


インジケーターに反映するトレンドの期間を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

水平方向へのシフト


初期値:0


インジケーターの水平方向のオフセットを設定します。


「Period of the indicator」は、「entropy」の算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると長期的なトレンドが「entropy」に反映され、小さな値に設定すると短期的なトレンドが反映されます。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、「entropy」の水平方向のシフトを設定するための項目です。


設定した値に応じて、ラインの表示位置が左右に移動します。


まとめ


「entropy」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 相場の方向感を表示するインジケーター

  2. インジケーターの値が0より高い水準で推移しているほど、明確に価格が上昇している状態

  3. インジケーターの値が0より低い水準で推移しているほど、明確に価格が下降している状態

  4. インジケーターの値が0に近い水準で推移している場合、値動きの動意が薄い状態


「entropy」は、価格が向かっている方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドの有無を判定するための閾値は設定されていないため、使用する前にインジケーターの値がどの程度の水準に達した場合、トレンドが発生したと判断するのか検証する必要があります。


また、「entropy」エントリーのタイミングを分析するためのインジケーターではないので、ほかのインジケーターと組み合わせて使用しましょう。

関連記事