FXで何やっても勝てなくて、やったコト

逆フィッシャー変換を用いたRVIを表示するMT5インジケーター「fisherrvi」

更新日時:2022年06月28日 10:01

fisherrviスクリーンショット


買いと売りの強さをもとに値動きの方向を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「fisherrvi」は、RVIをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 買いと売りの強さをもとに値動きの方向を分析したい方

  2. エントリーの方向を分析したい方

  3. RVIを使用したことがある方


以上のような方のためにこの記事では、「fisherrvi」について解説します。


  1. fisherrviの概要
  2. fisherrviを表示する方法
  3. fisherrviのパラメーター解説
  4. まとめ

fisherrviの概要


「fisherrvi」を起動すると、サブウィンドウ上に赤色と青色のラインが表示されます。


RVIは、ストキャスティクスに似た方法で算出されるオシレーターの一種で、一定期間中のレンジに占める始値から終値までの値幅の割合をもとに算出されます。


「fisherrvi」では、オリジナルのRVIに逆フィッシャー変換を適用しています。


ラインが0レベルを下から上に抜けた場合は買いシグナル。


反対に、ラインが0レベルを上から下に向けた場合は売りシグナルです。


インジケーターの製作者によると、2本のラインのクロスもシグナルとして利用できるとのことです。


赤色のラインと青色のラインのデッドクロスが発生した場合は売りシグナル。


赤色のラインと青色のラインのゴールデンクロスが発生した場合には買いシグナルです。


fisherrviを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

fisherrviのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


fisherrvi


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


fisherrviのパラメーター解説


fisherrviパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「fisherrvi」のパラメーターは、算出期間を設定するための項目とラインのオフセットを設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Indicator period

RVIの算出期間


初期値:8


「fisherrvi」の算出期間を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

水平方向へのシフト


初期値:0


水平方向のオフセットを設定します。


「Indicator period」は、RVIの算出期間を設定するための項目です。


算出期間に応じてインジケーターの反応速度が変化します。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、インジケーターの水平方向へシフトを設定するための項目です。


0より大きな値に設定するとラインの位置が右に移動します。


反対に小さな値に設定するとラインの位置が左に移動します。


まとめ


「fisherrvi」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 逆フィッシャー変換を用いたRVIを表示する

  2. ラインが0レベルを下から上に抜けた場合は買いシグナル

  3. ラインが0レベルを上から下に抜けた場合は売りシグナル


「fisherrvi」は、買いと売りの強さをもとにエントリーの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


動意の薄い相場ではダマしのシグナルが増加するので、ある程度値動きに振り幅がある相場で使用した方がよいでしょう。

関連記事