FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2重に算出したストキャスティクスを表示するMT5インジケーター「colorzerolagstochs」

更新日時:2021年10月15日 19:42

colorzerolagstochsスクリーンショット


ノイズの少ないストキャスティクスがあればと考えたことはないでしょうか。


「colorzerolagstochs」は、2重に算出したストキャスティクスを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ノイズの少ないストキャスティクスを探している方

  2. 値動きの反転を捉えたい方


上記のような方のためにこの記事では、「colorzerolagstochs」について解説します。


  1. colorzerolagstochsの概要
  2. colorzerolagstochsを表示する方法
  3. colorzerolagstochsのパラメーター解説
  4. まとめ

colorzerolagstochsの概要


「colorzerolagstochs」を起動するとサブウィンドウ上にストキャスティクスが表示されます。


一般的なストキャスティクスでは、%Kと%D・スロー%Dが表示されますが、「colorzerolagstochs」では「FastTrendLine」と「SlowTrendLine」が表示されます。


「colorzerolagstochs」では、「FastTrendLine」が%K、「SlowTrendLine」がスロー%Dの役割を果たします。


価格が上昇している場合はインジケーターが青色で表示され、下降している場合は赤色で表示されます。


「colorzerolagstochs」は、5種類のストキャスティクスの値をもとに算出したストキャスティクスです。


各ストキャスティクスは、係数で重み付けされており、パラメーターでそれぞれの比重を調整できます。


通常のストキャスティクスと比較すると、ノイズが少ない傾向にあります。


colorzerolagstochsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

colorzerolagstochsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


colorzerolagstochs


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


colorzerolagstochsのパラメーター解説


colorzerolagstochsパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Slowing

スローイング


初期値:3


スロー%Dの算出期間を設定します。

smoothing

平滑化期間


初期値:15


ストキャスティクスの平滑化期間を設定します。

MA_Method

平滑化方法


初期値:MODE_SMA


スローイングの平滑化方法を設定します。

Price_field

適用価格


初期値:STO_LOWHIGH


ストキャスティクスの算出に用いる価格の種類を設定します。

Factor1

係数1


初期値:0.05


ストキャスティクス1の係数を設定します。

Kperiod1

%K1の期間


初期値:8


%K1の算出期間を設定します。

Dperiod1

%D1の期間


初期値:3


%D1の算出期間を設定します。

Factor2

係数2


初期値:0.10


ストキャスティクス2の係数を設定します。

Kperiod2

%K2の期間


初期値:21


%K2の算出期間を設定します。

Dperiod2

%D2の期間


初期値:5


%D2の算出期間を設定します。

Factor3

係数3


初期値:0.16


ストキャスティクス3の係数を設定します。

Kperiod3

%K3の期間


初期値:34


%K3の算出期間を設定します。

Dperiod3

%D3の期間


初期値:8


%D3の算出期間を設定します。

Factor4

係数4


初期値:0.26


テキスト4の係数を設定します。

Kperiod4

%K4の期間


初期値:55


%K4の算出期間を設定します。

Dperiod4

%D4の期間


初期値:13


%D4の算出期間を設定します。

Factor5

係数5


初期値:0.43


ストキャスティクス5の係数を設定します。

Kperiod5

%K5の期間


初期値:89


%K5の算出期間を設定します。

Dperiod5

%D5の期間


初期値:21


%D5の算出期間を設定します。


「MA_Method」は、スロー%Dの平滑化方法を設定するための項目です。


初期設定では単純移動平均に設定されていますが、指数平滑移動平均や線形加重移動平均に変更することもできます。


「Factor1」から「Factor5」は、各ストキャスティクスを重み付けするための項目です。


値を大きく設定するほど、ストキャスティクスの比重が大きくなります。


まとめ


「colorzerolagstochs」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 2重にストキャスティクスを算出したインジケーター

  2. 各ストキャスティクスの比重はパラメーターで調整できる

  3. 通常のストキャスティクスよりもノイズが抑えられている


「colorzerolagstochs」は、ノイズの少ないストキャスティクスを探している方に、向いているインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、シグナルの精度を確認しておいた方が良いでしょう。

関連記事