FXで何やっても勝てなくて、やったコト

RVIをもとに算出したストキャスティクスを表示するMT5インジケーター「stochasticrvi」

更新日時:2022年01月19日 15:54

stochasticrviスクリーンショット


逆張り向けのインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「stochasticrvi」は、ストキャスティクスをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 逆張りでエントリーしたい方

  2. ストキャスティクスを使用している方


以上のような方のためにこの記事では、「stochasticrvi」について解説します。


  1. stochasticrviの概要
  2. stochasticrviを表示する方法
  3. stochasticrviのパラメーター解説
  4. まとめ

stochasticrviの概要


「stochasticrvi」を起動すると、サブウィンドウ上に2本のラインが表示されます。


一見すると一般的なストキャスティクスのようにも見えますが、通常のストキャスティクスが価格もとに算出されているのに対し、「stochasticrvi」にはRVIが使用されています。


インジケーターの値が、買われ過ぎ水準や売られ過ぎ水準に到達した場合は、値動きが反転する可能性を示すシグナルです。


また、インジケーターの値が0レベルを下から上に抜けた場合は価格が上昇している状態です。


反対に、0レベルを上から下に抜けた場合は下降していることを示しています。


インジケーターの見方は、ストキャスティクスに類似しているため、普段からストキャスティクスを使用している方であれば使い方で戸惑うことは少ないでしょう。


stochasticrviを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

stochasticrviのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


stochasticrvi


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


stochasticrviのパラメーター解説


stochasticrviパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Indicator period

算出期間


初期値:8


stochasticrviの算出期間を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

水平方向のシフト


初期値:0


水平方向へのオフセットを設定します。


「Indicator period」は、「stochasticrvi」の算出期間を設定するための項目です。


期間を短く設定すると、短期的な値動きがインジケーターに反映されるため反応が俊敏になります。


反対に期間を長く設定すると長期的な動きが反映されるため反応が緩やかになります。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、水平方向のシフトを設定するための項目です。


正の値に設定するとインジケーターの表示位置が右に移動し、負の値に設定すると左に移動します。


まとめ


「stochasticrvi」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. RVIのストキャスティクスを算出

  2. インジケーターの値が買われ過ぎ・売られ過ぎ水準に到達すると値動きが反転する可能性がある

  3. インジケーターが0レベルを下から上に抜けた場合は価格が上昇している状態

  4. インジケーターが0レベルを上から下に抜けた場合は価格が下降している状態

  5. ライン同士の交差もシグナルとして使用できる


「stochasticrvi」は、逆張りで取引したい方に向いているインジケーターです。


珍しいタイプのインジケーターなので、実際の取引で使用する前にバックテストを実施した方が良いでしょう。

関連記事