FXで何やっても勝てなくて、やったコト

指定した時間枠のトレンドを記号で表示するMT5インジケータ-「JMACandleTrend_HTF_Signal」

更新日時:2020年12月14日 23:55

JMACandleTrend_HTF_Signalスクリーンショット


特定の時間枠のトレンドを常にチャート上に表示できればと考えたことはないでしょうか。


「JMACandleTrend_HTF_Signal」は、平均足をベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 大まかなトレンドの方向を確認したい方

  2. マルチタイムフレーム分析を行っている方


この記事では「JMACandleTrend_HTF_Signal」について詳しく解説します。


  1. JMACandleTrend_HTF_Signalの概要
  2. JMACandleTrend_HTF_Signalを表示する方法
  3. JMACandleTrend_HTF_Signalのパラメーター解説
  4. まとめ

JMACandleTrend_HTF_Signalの概要


「JMACandleTrend_HTF_Signal」を起動すると、チャート右上にトレンドの方向が表示されます。


JMACandleTrend_HTFは、高値・安値・始値・終値をJMAという平滑化方法で算出した移動平均線をもとにローソク足を作成し、そのローソク足からトレンドの方向を示すインジケーターです。


「JMACandleTrend_HTF_Signal」はJMACandleTrend_HTF自体は表示せずに、トレンドが向かっている方向を記号で表示します。


通常、トレンドの方向に応じて設定した記号が表示されますが、筆者の環境によるものかインジケーターの不具合によるものかは不明ですが四角形が表示されました。


初期設定の状態では、相場に上昇トレンドが存在する場合は水色の記号が表示され、下降トレンドが存在する場合はピンクの記号が表示されます。


今現在の大まかなトレンドをとりあえず把握しておきたいという程度であれば、十分有用なインジケーターなのではないかと思います。


JMACandleTrend_HTF_Signalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

JMACandleTrend_HTF_Signalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


JMACandleTrend_HTF_Signal


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


JMACandleTrend_HTF_Signalのパラメーター解説


JMACandleTrend_HTF_Signalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Финансовый актив

金融資産名


初期値:""


通貨ペアを入力します。

Период графика индикатора

時間枠


初期値:PERIOD_H6


インジケーターを表示する時間枠を設定します。

метод усреднения

平滑化方法


初期値:MODE_JJMA


移動平均の算出方法を設定します。

глубина усреднения

算出期間


初期値:30


移動平均の算出期間を設定します。

параметр усреднения

位相


初期値:15


JMAの位相を設定します。

размер неучитываемого гэпа в пунктах

ギャップ


初期値:10


考慮しない差を設定します。

Номер бара для получения сигнала (0 - текущий бар)

シグナルを受け取るバーの数


初期値:0


シグナルを表示するタイミングを設定します。

Название меток индикатора

JMACandleTrend_HTF_Signalラベル


初期値:_Label_


インジケーターのラベルに表示する文字列を入力します。

Цвет символа роста

上昇の表示色


初期値:clrDodgerBlue


上昇を検出した際の表示色を設定します。

Цвет символа падения

下降表示色


初期値:clrMagenta


下降を検出した際の表示色を設定します。

Цвет названия индикатора

ラベルの表示色


初期値:clrDarkOrchid


ラベルの表示色を設定します。

Размер символов сигнала

シグナルラベルのサイズ


初期値:60


シグナルラベルの表示サイズを設定します。

Размер шрифта названия индикатора

ラベルのサイズ


初期値:10


ラベルの表示サイズを設定します。

Смещение названия по горизонтали

水平方向へのシフト


初期値:5


インジケーターの表示位置が左右に移動します。

Смещение названия по вертикали

垂直方向へのシフト


初期値:-15


インジケーターの表示位置が上下に移動します。

Отображение названия индикатора

表示/非表示


初期値:true


インジケーターの表示/非表示を設定します。

Угол расположения

ラベルの表示位置


初期値:CORNER_RIGHT_UPPER


ラベルを表示する位置を設定します。

Смещение по горизонтали

インジケーターを水平方向へのシフト


初期値:0


インジケーターの表示位置が左右に移動します。

Смещение по вертикали

インジケーターを垂直方向へのシフト


初期値:20


インジケーターの表示位置が上下に移動します。

Вариант индикации срабатывания

トリガーのオプション


初期値:OnlySound


通知方法を設定します。

Количество подаваемых алертов

アラートの数


初期値:0


Разрешение на передачу push-сообщений

プッシュ通知をする/しない


初期値:true


falseに設定するとプッシュ通知が無効になります。


「Период графика индикатора」は、トレンドを検出する時間枠を設定するための項目です。


1時間足に設定した場合、チャートの時間枠に関わらず、1時間足チャートで検出したトレンドを表示します。


「метод усреднения」は、平滑化方法を設定するための項目で、JMA以外の移動平均を選択することもできます。


まとめ


「JMACandleTrend_HTF_Signal」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. JMAを用いた平均足がベースになっている。

  2. 平均足が向かっている方向を表示する。

  3. トレンドを検出する時間枠を指定できる。


「JMACandleTrend_HTF_Signal」は、特定の時間枠の大まかなトレンドの方向を確認したい方に適したインジケーターです。


マルチタイムフレーム分析を取り入れている方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事